Twitterで速攻投稿アプリをまとめてみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Twitterアプリは言うまでもなくiPhoneアプリで激戦区ですが今回は「直ぐに投稿できる」アプリをまとめてご紹介したいと思います。

通常のTwitterアプリはどうしてもTLなどを読み込んで表示するので、投稿画面を表示するまでに時間がかかります。一方、「直ぐに投稿できる」アプリは機能を特化させることで、アプリを起動後にすぐに投稿画面が表示されるのが特徴です。

スポンサーリンク

Chirpie

Chirpie(無料)は起動後にすぐに投稿画面が表示されます。直近にReplyした人がリスト表示されるのが便利。写真投稿、URL短縮機能も搭載。まさに思いついたときに即つぶやけますね。

ただ、Replyを読み込むため(機能をOFFにもできますが)オフラインでの挙動は不安定。書いた記事を一時保存することもできないのでオンラインでの利用が前提と考えた方が良さそうです。また、有料版のPro(115円)はマルチアカウントに対応しています。

Fast Memo

Fast Memo(115円)も起動後にすぐに投稿画面が表示されます。Twitterと指定したメールアドレスに投稿できます。投稿したメモは保存されません。写真投稿などはできませんが、メール投稿機能があるのでEvernoteへの投稿用にと併用できるのが便利です。

またTwitterへの投稿だけでいい、という場合は同じ作者さんの、Fast Tweet(115円)も検討してみてもいいかもしれません。こちらは写真投稿もできます。

HayaMemo

HayaMemo(230円)も起動後にすぐに投稿画面が表示されます。Twittetまたは指定したメールアドレスに投稿することができます。設定できるのは全部で3カ所。書いたメモは保存されるので日々繰り返しつぶやく内容が決まっている方には便利かもしれません。私のように地下鉄の移動がある人にはつぶやきの下書きとして利用することもできますね。

BirdHouse

BirdHouse(230円)はつぶやきを予め下書きしておくことができます。投稿したつぶやきはHistoryに移動します。しかしHistoryから再度投稿できないのは残念かも。また、アプリを起動後に投稿画面は表示されないのも、他のアプリとは少し目的が違うのかもしれませんね。

qStatus

qStatus(115円)はChirpieに近いアプリです。写真投稿も可能です。マルチアカウントに対応していて同時につぶやけるのは面白いですね。

アプリ画面を掲載してご紹介したいところですが、自分の覚え書きの意味も大きかったので、箇条書きでご紹介させていただきました。結論から言いますと私はHayaMemoを使うことにしました。気に入った点は「メモが保存できる」点と「指定したアドレスにメールを送信できる」という点。ツイートする内容を予め書いておくこともできますし、何度もツイートしたり、メールで送る場合なんかにも便利ですね。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. yuichi@flavour47 より:

    HayaMemoやっぱ良さそうですね?!
    アイコンさえもっとかっこよければ即日一軍なのに…w

  2. ひとぅ より:

    コメントありがとうございます。
    HayaMemoのアイコンは確かに……(^_^;)。でも私は1面ですよ?。

Highslide for Wordpress Plugin