Facebookは日本でヒットするか?

この記事がおもしろかったらシェアしてね

FacebookがGoogleを抜いて米国でアクセス数が1位になったとのこと。Facebookは全世界に4億人以上もユーザーがいる世界最大のSNS。日本のmixiが1700万強、Gree、モバゲータウンが1500万強という点だけで見てもいかに規模が違うかがわかりますね……。日本国内のサービスだけではどれだけ頑張っても1億人がMaxですもんね?。

でもFacebookは日本では極端に利用者が少ないのが現実。100万人もいないかもしれませんね。アメリカ発のSNSは日本ではヒットしないというこれまでの歴史があってMyspaceなんかも苦戦をしいられています。

ではなぜアメリカ発のSNSは日本でヒットをしないのか?

スポンサーリンク

アメリカ発のSNSが日本でヒットしない理由

  • 言語的な問題
  • 日本の携帯電話の操作性の問題
  • コンテンツの問題(アプリ、グループ)
  • 日本語の情報が少ない
  • 日本人の利用者が少ない

はじめは、機能的な問題かと思っていたのですが、よく考えるとそうではないような気がしています。mixiにあるような日記機能がないだとか、携帯電話で使いにくいなどの機能的な問題が大きい、と思っていたのですが実はもっと根が深い点と、もっと単純な問題だと思います。

一番根本的なのは言語的な問題。これは英語圏の国とはどうしても違う現実があって日本人は日本語内でしか活動をしないという現実があります。英語圏の人との交流はしたいと思ってもしない、できないという現実があるのです。

ウェブサービスが日本語化して携帯電話での利用のしやすさが改善されても利用者が増えないのはそれ以降のコンテンツの問題が大きいと言えます。Facebookではすでに多くのユーザー、アプリがありますが、日本人が少なくて日本語のコンテンツ、アプリが少ないという現在の状況はまさに鶏が先か卵が先かという感じ。

機能が不足していたり不満なわけではなく、この2点がある限りFacebookのヒットは期待できそうもありません。Twitterが日本でも爆発的にヒットしたのはまさに2つ目の課題が見事にクリアされたから。Facebookも可能性が大きくあると思います。特にアプリの存在なんかが魅力的ですしmixiとは違ったシンプルな機能も受け入れられる可能性が大きいと思います。

あとは、「きっかけ」だけでしょうか。ただTwitterとはちょっと状況が違っていて、Facebookの場合は有名人が使っているから使ってみたところで有名人と交流できるわけではないですもんね。そういう意味ではTwitterよりもう少し時間がかかるかもしれませんね。

ちなみに私は、ひとぅと本名の2つのアカウントを作ってみました?♪

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. 51h より:

    Facebookが日本でイマイチ流行らない理由

Highslide for Wordpress Plugin