「Google 日本語入力」(Google IME)ベータ版が公開!ATOK、MS-IMEの行方は?

この記事がおもしろかったらシェアしてね

20091203_163951.png
2009年12月3日は日本語入力ソフトにとって歴史的な日になるかもしれません。なんとグーグルが日本語入力アプリ、Google 日本語入力のベータ版をリリースしたのです!

このニュースには大きな衝撃がネットを中心に走りました。TwitterのTLは一時、この話題で占領されたと言っても過言ではないでしょう。

今回、Google 日本語入力をリリースしたことでどんな影響があるのでしょうか。

これまで数多くの日本語入力アプリが登場してきましたが、事実上、MS-IME VS ATOKの戦いと言って良かったでしょう。(Macの場合は、ことえり VS ATOK)しかしGoogleが参戦したことによりこの勢力図が大きく塗り変わる可能性があると予想されます。

理由は簡単です。

  • 無料のMS-IME、ことえりより高性能
  • Google 日本語入力は無料

この2点に尽きます。

ちなみにこの文章は「Google 日本入力」、GoogleIMEで入力していますが、すこぶる快適、軽量です。数時間ベータ版を使った感覚的な印象はh以下のような感じ。

Windows ATOK > Google日本語入力 > MS-IME
Mac ATOK > Google日本語入力 > かわせみ > ことえり

20091203_164350.png驚異的なのは、ベータ版の現時点で、なおかつ数時間しか触っていないにも関わらずこの結果、という点です。

MS-IMEやことえりは比較するまでもなく、Google日本入力が圧勝です。問題はATOKや、かわせみと比較した場合。変換効率や文節等の変換はATOKに歩があります。しかし最新のキーワードは、Google日本入力の方が素晴らしい。動作の機敏さもGoogle日本入力の方が快適。まとめると以下のような感じでしょうか。(かわせみは試用期間が終了していたため確認できなかったため未評価。)

項目 ATOK GoogleIME MS-IME ことえり
変換精度
最新辞書
動作速度
日本語指摘*1 × ×
特殊変換*2 × × ×

この評価はあくまで現時点のものであり、今後Google日本語入力が進化し、ATOKを逆転する機能が出てきても不思議ではありません。現時点で勝っている機能もありますし、なんといっても“無料”という武器ほど強力なものはありません。今後どのように進化をするのでしょうか。現時点のベータ版であってもMS-IMEやことえりユーザーは一度、Google日本語入力を試してみる価値はある!と言えるでしょう。(そのまま戻れなくなる可能性大!)

最後に……、Google日本語入力には大いに期待するのですが、ATOKファンの私としては少々フクザツな気分……。頑張れ!ジャストシステム!(なんで最後はジャストシステムの応援?(^_^;))

*1 : 地名変更・ことわざ等

*2 : 郵便番号・英単語等

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. IT備忘録 より:

    Google 日本語入力(GoogleIME)

Highslide for Wordpress Plugin