【レビュー】電源いらずのHDMI切り替え機「iBUFFALO BSAK202」を買ってみた

DSC08103.JPG

HDMI出力の映像機器が増えています。Wii U、PS3、Apple TV、Chromecast、Chromebox……。しかし、入力側のHDMI入力端子数は限りがあります。わが家のテレビは3つ。

私の部屋のテレビでも、HDMIポートが1つ足りない状態になったので、切替器を購入することにしました。HDMIの切替器と一言で言ってもいろんな種類があります
が、求める機能、仕様は以下の通り。

  • 外部電源供給が不要
  • 切替え方がシンプル
  • 安価

この条件の中で今回購入したのは、「iBUFFALO HDMI切替器HEAC対応2ポートBSAK202」(1,839円)です。

早速、機器を見ていきましょう。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC08093.JPG

こちらがパッケージ。2ポートだけの切替器。ACアダプタ不要モデルとなります

DSC08096.JPG

パッケージ裏面に接続方法が記載されています。特に難しいことはありません。切替機本体に2つまでのHDMI機器を接続し、切替機からのHDMIケーブルをテレビに接続するだけです。

DSC08098.JPG

横から見るとこんな感じ。「コンパクト2ポートHDMI切替器」と表示がありますが第一印象は、「結構、デカイな」でした。(^_^;)

DSC08101.JPG

それでは本体を出しましょう。

DSC08104.JPG

これが本体。左側にチャンネル1、2の切替えボタン、右側片方にケーブル端子がかためられているので、ケーブルの取り回しがしやすいと思います。

DSC08117.JPG

iPhoone 6と並べてみました。どうでしょう?意外と大きくないですか? 単純なHDMI切替器なので、私はもっとコンパクトな大きさをイメージしていただけにちょっとビックリしました。すぐに慣れましたが……。

DSC08107.JPG

HDMIケーブルは手前側に接続します。

DSC08110.JPG

チャンネルの切替えはこのスイッチで押すだけ。簡単です。リモコンのモデルもありますが部屋が狭いため物理キーでOKと判断しました。

DSC08111.JPG

本体のHDMIケーブルは画質、音質の劣化を防ぐ金メッキプラグとなっています。

DSC08113.JPG

プラグの裏側はこんな感じ。

DSC08115.JPG

本体の裏側はゴム足が4つついています。

DSC08116.JPG

以上、開封の儀でした。

HDMI切替器 BSAK202のここがGood!

  • 外部電源いらず
  • 安価
  • 切替スイッチだけのシンプル構造

冒頭にあげた今回求めるHDMI切替器への要求仕様を満たしている機器なので満足度が高いです。高機能でなくてもいい。シンプルな機器と極限まで突き詰めた製品と言えそうです。

HDMI切替器 BSAK202のここがうーん

  • 意外と大きい本体
  • 切替えの時に本体のところまで行かないとダメ
  • 3ポート以上の切替えができない

うーんな点にはあげたものの、当然、このような仕様であることを分かった上で購入をしているため不満点ということではありません。サイズ感だけは「コンパクト」という割に意外と大きかったな、という印象です。

さいごに

シンプルなHDMI切替器をお探しの方にはピッタリの機器と言えるでしょう。故障のリスクも好くなさそうですし、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
【レビュー】電源いらずのHDMI切り替え機「iBUFFALO BSAK202」を買ってみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin