【検証】通話の少ないガラケーの人こそ「楽天でんわ」を利用すべき!実際の通話履歴からお得額を検証してみた

rakuten

Fusionのサービスを利用した「楽天でんわ」。一見、アプリを使うスマートフォンだけが使えるサービスのように見えますが、実は、ガラケー(フューチャーフォン)でも同じサービスが使えます。

現在、楽天でんわは、

  • 30秒10円
  • 3分0円、3分以降30秒20円

の2種類のコースがあります。ひとぅブログでは関連記事を2つ書いています。

【お得】楽天でんわ「3分0円プラン」を発表!先着5万人&2015年1月10日まで3分以内なら何度ても無料! | ひとぅブログ

【TIPS】楽天でんわで既に「30秒10円プラン」を契約している人が「30秒0円プラン」申し込む方法 | ひとぅブログ

3分0円プランは期間限定ですが魅力的なプランです。MVNO組には特にお勧め。またわが家のようにあまりかけない人にとってもお得なはずです。

嫁は現役バリバリのガラケーユーザーですが、楽天でんわはスマートフォンだけではなく、ガラケーからも利用できるのです。アプリは利用する必要はありません。電話番号の前に「0037-68」を付ければOKなんです。

同一キャリアの相手には付けないなど工夫が必要ですが、こういうマニュアルなオペレーションは嫁は苦にならないそうです!(^^;)

スポンサーリンク

驚愕の事実は確かか?

rakuten

楽天でんわのサイトで、3分0円プランの説明に上のような説明がありました。

ふむふむ。何となく心当たりはありますが、わが家にも当てはまるのでしょうか??検証してみました。

【前提条件】

  • 嫁の携帯電話
  • SoftBank ホワイトプラン (30秒20円)
  • 主に日中に電話
  • SoftBank同士は引き続き楽天でんわを使わずに直接かける

単純試算(分岐点)

まずは、楽天でんわの「3分0円プラン」と「30秒10円プラン」で比較してみました。当然料金が倍違うので、課金が始まる3分の倍、6分で逆転します。

ここで注目したいのは8分かけても40円の差しかないということです。つまり、どれだけ3分以内の通話があるかが重要となってきます。

実際の通話履歴から試算

実際に嫁の通話履歴を今年3月から拾い出しました。(嫁には内緒!)この通話履歴は楽天でんわの「30秒10円プラン」となります。

この時点で、すでにSoftBankのホワイトプランより圧倒的にお得になっていますが、果たして「3分0円プラン」だとどうでしょうか??(この通話料だと、Wホワイトにするメリットも無いので、今回は触れていません。)

表の一番下を見てください。

3分0円プランが「1,640円」、30秒10円プランが「2,510円」、30秒20円だと、「5,020」でした。20分も話したことが1回ありますが、30秒10円プランと逆転したのはわずかに3回だけ。

3分以内の通話比率はなんと84%でした。おおおお!驚愕の事実!!マジで84%ですやん!!!(←本当に今気づいた(^^;))嫁、凄いな……。

まとめ

「3分0円プラン」は期間限定、5万人までの特別プランですが、電話をあまり掛けない人こそ基本料金が不要で、IP電話でないので品質もよく、相手にしっかりと自分の電話番号が表示され、通話品質も良くて、しかも料金も安い。それが「楽天でんわ」です。

なんだか、楽天でんわの営業マンみたいになってますが、違いますよ〜。(^^;) わが家ではいまだに3台のガラケー(と2台のスマホ)がありますが、4回線、楽天でんわに申し込みました。

スマホの方は、LINEなどのおかげでほぼ0に近い通話になったりしますが、ガラケーは逆にゼロにするのは難しいでしょう。通話の少ないガラケー利用の人こそ、楽天でんわをお勧めしたいです。(^o^)

スポンサーリンク
【検証】通話の少ないガラケーの人こそ「楽天でんわ」を利用すべき!実際の通話履歴からお得額を検証してみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin