オフィスソフトを比較してみた(OpenOffice.org、StarSuite、Lotus Symphony、KINGSOFT Offce2007)

会社でやり残した仕事を家でやる場合って会社で使っているMicrosoft Office(以下MSオフィス)を家のパソコンにも入れてやる必要があります。(メーカー製パソコンなどでMSオフィスプリインストールパソコンを買っている人は除く)

しかしたま~にしか使わないのに、ウン万円もするMSオフィスを買うのはもったいない。そこで登場するのが、MSオフィスと互換があるオフィスソフト。

以下のソフトを実際にインストールして使ってみました。

sponsored link

Microsoft Office 2003

http://www.microsoft.com/japan/office/previous/2003/default.mspx
ほとんどの企業で採用されているオフィスソフト。要はこのソフトがバカ高いので、代替え製品を探そうってのが今回の目的。代替えのソフトはこのソフトと操作感が似ていてやファイルの再現性が高いのが望ましいわけです。

OpenOffice.org

http://ja.openoffice.org/

  • 概要:
    オープンソースのオフィスソフト。無料なので気軽にインストールできます。
  • 価格:
    無料
  • 再現性:△
    再現性は中より下といった感じ。MSオフィスのファイルを閲覧するだけなら十分ですが、MSオフィスとファイルをやり取りするならおすすめできない。
  • 操作性:△
    正直、あまりよくないです。微妙に少しずつ違うだけなんですが、それがちょくちょくあると大きなストレスとなるのが不思議です。使い込めば使い込むほど差が目につくと思います。

StarSuite(Googleパック版)

http://pack.google.com/

  • 概要:
    Sunの「StarSuite 8」(有料99.95ドル)がGoogleパックでダウンロードすれば無料で入手できます。テンプレートが少ないなどの制限があります。
  • 価格:
    無料
  • 再現性:△
    OpenOffice.orgのベースとなったソフトのようなので基本的に同じような再現性。なので△。
  • 操作性:△
    OpenOffice.orgのベースとなったソフトのようなので基本的に同じような再現性。なので△。

IBM Lotus Symphony

http://symphony.lotus.com/

  • 概要:
    Lotusと名前がついていますが、有名なLotus1-2-3とはまったく別のソフトです。これまた、OpenOffice.orgをベースに開発されているようなので……結果は必然的に見えてきましたね(^_^;)。
  • 価格:
    無料
  • 再現性:△
    OpenOffice.orgのベースとなったソフトのようなので基本的に同じような再現性。なので△。
  • 操作性:×
    OpenOffice.orgのベースとなったソフトのようなので基本的に同じような再現性。ただ独自インターフェースで使いにくい部分も目につきます。

KINGSOFT Office 2007

http://www.kingsoft.jp/office/

  • 概要:
    今回紹介するソフトで唯一有料です。ファイルサイズは40MB以下とコンパクトで軽快な動作も肥大化を続けるMSオフィスに比べて好感が持てる。中国のソフトメーカー。
  • 価格:
    4,980円(ワープロ+表計算+プレゼンテーション)
  • 再現性:○
    素晴らしい再現性です。ほとんど同じように出力されます。
  • 操作性:○
    ここまで似せて法的に大丈夫?とこっちが心配になるほど似ています。アイコンからプロパティ画面、キー操作まで。何ら違和感なく使える事でしょう。

で、いろいろ使ってみて……

結論から言うと、「KINGSOFT Office2007」が一番再現性が高いです。普通に安く使いたいというならば、互換性が高くストレス無く使えるでしょう。ただ安価とはいえ4,980円するので、ただ資料を確認するだけ、といった場合は、OpenOffice系の無料ソフト(どれもほとんど同じです。)で十分だと思います。

「KINGSOFT Office2007」以外のオフィスソフトはどれもOpenOfficeがベースなのが残念でした。操作性は若干工夫されていますが、基本的には同じ挙動をします。つまり「あれ?」と不自然さを感じたり気持ち悪さを感じるの点はほぼ同じです。

KINGSOFTのウィルス対策ソフトは広告を掲載することで無料化を実現しましたが、「KINGSOFT Office2007」も広告を表示することで無料化していただきたいですね。ウィルス対策と違って常時使うものではないので難しいかなぁ?

sponsored link

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとぅをフォローする

sponsored link

コメント

  1. 0210 より:

    実は...
    中国語メニューでよければ、KingsoftOfficeも無料で使えます。
    http://wps.kingsoft.com/down/
    どうぞ~

  2. ひとぅ より:

    0210さん、情報ありがとうございます。
    これは知らなかったです!早速使ってみようと思います。

  3. U より:

    Kingsoft という会社、キング事務の系列かとおもいきや
    中国系なのですね。
    4980円の中国製か?
    2万円のMS製か?
    中国製は、(サポート等含めて)どこまで信用してよいのやら
    また、いろんな製品のコピーが得意な国への不信感はぬぐえませんね。
    それならば、私は、0円のOpenOfficeでよいです。
    そのうち、便利にカスタマイズされることを祈っています。
    自分がした事は、必ず自分に返ってくる。
    中国系企業の利益に加担は、できそうにありません。

  4. ひとぅ より:

    Uさん、コメントありがとうございます。
    再現性で言えば、という結果なのですけれども、私も結局は同じ理由からKingsoftの商品は購入までには至ってません。
    OpenOffice.orgのシェアも高まってきていますし、家庭での利用ならばこれで十分だと思います。

Highslide for Wordpress Plugin