【レポート】ScanSnap保証延長サービスって入るべきか?実際に加入してみた&手順・注意点など

DSC06759.JPG
7月11日に購入をしたFUJITSU ScanSnap iX100 Wi-Fi・バッテリー搭載スキャナ FI-IX100 」。約1カ月が経過してだいたい利用シーンが見えてきました。

これまでも複合機、専用機と、スキャナを何台も買ってきましたが、結局は使わないようになりました。ナゼか?iX100を1ヶ月間使ってみて分かったこと。それは、使い始めるまでのハードルが高いからということ。

  • すぐに起動してスキャンできること
  • すぐに保存できること
  • 意識せず整理できること

シンプルですがこの3つが備わって初めてストレスなく、末永く使えるんだと分かりました。PCを起動しないと使えない専用機は面倒で使わなくなりますし、複合機ならすぐに使えますが、USBメモリに保存したPDFをどこかに移動する手間が残るし、移動後にどこに保存しようかと考えるのが面倒なんです。

サッと出してサッとスキャンしてサッとEvernoteに保存してほしい。後は必要なときにEvernoteで検索する。これができるのがiX100ということです。これ、ホントお勧めです。飽き性な私が1カ月間のうち5回以上使ったんですからホンモノです。これはいい商品です。

で、本題。そんなiX100。電気、電気などの各領収書、回覧板、学校からの連絡票、保証書などこの1カ月間でも保存しておきたい「紙」は結構ありました。保存すればすぐに捨てられるので、精神衛生上もよろしい。

これはメーカーの1年保証に加え延長サービスにも加入しておこう!ということで、「ScanSnap保証延長サービス」を購入することにしました。

やってみて意外とややこしかったです。参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ScanSnap保証延長サービスに加入は必要か?

ScanSnap
「製品保証」として1年間メーカーの保証が付いていますが「ScanSnap保証延長サービス」はこれを3年から5年に延長するサービスです。(最初の1年を含みます。)

延長した方がいいか?は実に悩むところです。結果から言うと1年以内に買い換える予定のない人は、ScanSnapは入っておいた方が良さそうです。

ScanSnap延長保証サービスの特徴

  • メーカー保証内容をそのまま適用される
  • 何度でも無料で保証を受けられる(送料は有料)
  • 消耗部材の交換は有料

ベースとして「ScanSnap保証書」が適用されます。

「取扱説明書、装置添付ラベル等の注意書きにしたがった正常な使用状態で装置が故障した場合」は何度でも無償で保証を受けられます。駆動装置の固まりで、ユーザーでは修理・メンテナンス不可な場所での物理的な故障、不具合が発生しやすいので、この保証内容はうれしいですね。

ScanSnap保証延長サービスよりも安価にサービスを受けられる、家電量販店の保証もありますが、年数経過によって負担額が減額されたり、回数が決まっている場合があったりするので注意が必要です。また、家電量販店で修理依頼をしたら結局はメーカー送りになるので修理に時間がかかるというデメリットもあるため、私はメーカー標準の延長サービスを購入することにしました。

保証年数は何年にするか?

ScanSnap
次に悩むのが保証年数です。まずは、延長サービスの料金を確認してみましょう。私の愛機、iX100は3年保証3,240円、4年保証4,644円、5年保証6,156円(全て税込み)となっています。

これが実にうまい値段設定ですね(^_^;)。

値段が見にくいので税抜きで考えると3年3,000円、4年4,300円、5年5,700円となっています。3年→4年で1,300円の差で4年→5年で1,400円の差となっています。1,300円でないのは経年劣化による故障リスクが高まるからでしょうね。

どうせなら5年でと思いたいところですが、冷静に考えると……。

  • iX100本体価格は15,000円程度
  • 5年後も使い続けているか?

そもそも本体価格が安いiX100です。本体価格の30%以上も保証にかけるか?というとうーんという感じ。あと5年後にはもっと素晴らしい製品が出ていることでしょう。

いろいろ考えた結果、3年保証が最もベストな選択と判断して購入しました。

ScanSnap保証延長サービス購入から登録までの流れと注意点

私自身、「保証延長サービスを別途購入する」という経験がこれまでなかったのですが購入から登録完了までの手続きがややこしかったです。また、注意点があるので書いておきたいと思います。

  1. 【ユーザー】PFUダイレクトショップから購入
  2. 【PFU】「ScanSnap保証延長登録カード」が送付(購入後約2日
  3. 【ユーザー】保証書をScanSnapでPDF化してPFUへメールで送付
  4. 【ユーザー】「ScanSnap保証延長サービス ご購入者様向けユーザー登録」サイトで登録(ScanSnap本体購入後3カ月以内に登録完了が必要
  5. 【PFU】「【ScanSnap保証延長サービス】ユーザー登録完了のご確認」のメールが送付(4の登録後すぐに届きました
  6. 【PFU】 購入証明書類受領&登録手続き完了メールが送付(5.の後、数日後)(ご担当者さんから)≪2014/08/18追記≫

サイトにも書かれていますが分かりにくいのが、4の部分です。ユーザー登録の完了時点が購入後3カ月以内でなければなりません。1の延長サービスの購入時点ではないことに注意してください。

私の場合は購入後、約2日後に届きましたが余裕を持って購入することをお勧めします〜(^^)/。

Amazon
3の保証書ですが、Amazoで購入した場合は「販売店」の欄に記入がありません。Amazonの「アカウントサービス」→「注文履歴」→「領収書/購入明細書」から印刷、PDF化して保証書とセットでメール送付しました。

【2014/08/18追記】
ScanSnap
5.の登録メール送付をした数日後に、ご担当者さんから登録手続きが完了したメールが送付されました。しっかりと購入証明書類を確認・受領の手続きをされているようです。情報として追記しておきます〜。

実際に買ってみた

ScanSnap
PFUダイレクトショップで購入後、約2日後に届きました。速い〜。

ScanSnap
「ScanSnap保証延長登録サービスカード」と、シールが納品物となります。

ScanSnap
シールを本体に貼って作業完了。何だかかっこ悪くなっちゃった??(^_^;)。

さいごに

「保証延長サービス」は保守サービスのようなものと考えるとわかりやすいかもしれませんね。万が一のための保険ですね。これで安心して2年目以降も使えます〜(^^)/。

スポンサーリンク
【レポート】ScanSnap保証延長サービスって入るべきか?実際に加入してみた&手順・注意点など
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin