iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013) と iPad mini(2012) と Nexus 7(2013) の大きさ、画面を比較してみた

IMG_2202
前回の記事でiPad mini Retina モデルの開封の儀をお伝えしましたが、今回は実際に、iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)と、iPad mini (2012)、さらにNexus 7(2013)の大きさや画面の比較をしたいと思います。

iPad mini(2012)からの乗り換えをご検討中の方や、Nexus 7とどちらにしようか?お考え中の方はぜひ参考にしてくださいね♪。


スポンサーリンク

iPad mini(2012)との比較

敢えて言うまでも無く、昨年発売のiPad miniは完成されたプロダクトです。iPad 2のスペックをベースに7.9インチにギュッと詰め込んだタブレットでした。iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)はディスプレイの高解像度とスペックアップを目的とされていると言っていいでしょう。

IMG_2196
画面を付けずに並べてみてもその違いは分かりません。ちなみに右側がRetinaディスプレイモデル(2013)です。

IMG_2197
iPhone 5以降と、iPad Air、iPad miniは統一されたデザインで格好良く、そして美しいです。この加工は普通の会社ではできないでしょう。

IMG_2198
背面も大きさな違いはありません。

IMG_2199
一点だけ、カメラの右に穴があります。上部の穴と、この穴がデュアルマイクになっているようです。ここが違いますね。

IMG_2200
重ねてみました。サイズは200mm×134.7mmと同じですが、厚さは7.2mmから7.5mmに0.3mmだけ厚くなったようです。重量も308gから331gに23g重くなっていますが、持った感じはその差はほとんど感じませんでした。

IMG_2204
さて一番、気になる画面比較です。解像度は1,024×768から2,048×1,536になり、iPhone 4s以降のRetinaディスプレイと同じ細かさの326ppiになります。

IMG_2205
こちらがiPad mini (2012)の画面。小さな文字は潰れてしまっています。

IMG_2206
こちらがiPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)。iPhoneと同じく、細かな文字までがしっかりと表現されています。iPhoneと同じ表現能力、といえば分かりやすいかもしれませんね。

私は初代iPad miniはまだiOS 7にアップグレードしていないので、細かな速度比較はできませんが、正統な進化を遂げた姿を見て、大満足です。変な路線に行くのだけが一番困るんですよね。

初代iPad miniがよりパワフルに細かいディスプレイを搭載して登場した!といった感じでしょうか。

Nexus 7 (2013)との比較

IMG_2211
次に、Nexus 7(2013)と比較してみましょう。高さは200mmと同じですが、幅は、iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)が134.7mm、Nexus 7(2013)が114mm。スペック以上に細く感じます。

ディスプレイサイズは、7.9インチと7インチ。スペック以上に、Nexus 7(2013)の方が小さく見えます……。

IMG_2210
厚さは7.5mmと8.65mm。Nexus 7(2013)の方が厚いですね。これは目で見て差が分かるレベルです。

IMG_2212
続いて画面比較。私がNexusシリーズに不満を感じるのは、この建て長い画面なんです。せっかくの7インチが横幅が狭いために全体表示させると文字が小さくなってしまいます。

一方で文字が小さく表示されるので表示されている領域は、Nexus 7の方が多くなります。

IMG_2213
解像度は2,048×1,536と1,920×1,200です。Nexus 7(2013)はフルハイビジョンなのですが、ウェブ閲覧となるとワイド過ぎると思うんです。

IMG_2214
さらに横表示にすると更に狭さを感じます。Androidのタブレット版が操作ボタンを常時画面下部に表示、画面上部にステータスを表示する仕様なのでより狭さを増幅させています。

カスタマイズで非表示も可能らしいのですが、はじめからそうでないのはAndroidの不親切さ不便さを感じざるを得ません。

IMG_2215
Nexus 7(2013)はフルハイビジョンで動画を大きく、綺麗に見られる、と思っていたのですが、横に並べてみるとビックリ……。大きさはほぼ同じでした。(若干iPad mini Retinaディスプレイ(2013)の方が大きい。。。)

IMG_2216
Retinaディスプレイになり、フルハイビジョン動画をリアルに表示できるようになったiPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)。これは凄いです。

外出先に片手で、ガシッと握って持ちたい、という方にはNexus7(2013)のサイズがちょうどいいと思います。一方でウェブ画面も動画も広くて大きな画面で楽しみたい、という方にはiPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)がいいかもしれません。

おまけ、Kindle Paperwhite(2013)も並べてみた

おまけで、先日、我が家にやってきたばかりのKindle Paperwhite 3G(2013)と大きさを比べてみました。

IMG_2207
当然、もっともコンパクトです。

IMG_2208
意外にも横幅は、Nexus 7(2013)の方が細かったりします。

IMG_2209
分厚さはこんな感じ。いや〜。ガジェットがいっぱいで幸せ♪。

さいごに

いかがでしたか? iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)は文句なしのデキだと感じました。アンチAndroidでは無いのですが、iOSと両方を使ってみて、iOSの作り込みのていねいさを実感させられます。

今からiPad mini購入を検討されている方は、間違い無くiPad mini Retinaディスプレイモデル(2013)をお勧めします! 

スポンサーリンク
iPad mini Retinaディスプレイモデル(2013) と iPad mini(2012) と Nexus 7(2013) の大きさ、画面を比較してみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin