IIJmio+Nexus7(2013)LTEモデルの組み合わせで丸1ヶ月使ってみた通信量は?

IIJmio:クーポン残量照会
2013年9月13日に日本で発売になった「Google Nexus 7 (2013) LTE」。15日に購入した私。SIMカードはBIC SIMを購入して愛用中です。

購入関連の記事を書いています。よかったら読んでください。

BIC SIMの特徴は以下の通り。

  • 回線はIIJmio、通常速度は200kbps
  • 月額380円の公衆無線LANサービスWi2 300が無料で利用できる
  • ミニマムスタートプラン(月額945円)→高速通信ができるバンドルクーポン500MB
  • ライトスタートプラン(月額1596円)→高速通信ができるバンドルクーポン2GB
  • クーポンは100MB315円で追加購入できる
  • 通常速度とクーポン利用は任意にON/OFFできる
  • 余ったクーポン翌月に繰り越しできる(バンドルクーポンは1ヶ月、追加クーポンは3ヶ月)
スポンサーリンク

結果は?

おまちどおさまでした。10月一ヶ月の通信量をご紹介します! 記事冒頭に画像が掲載されていますが、10月はクーポンは常にONの状態で利用しました。

バンドルクーポンが2GBある、ライトスタートプラン(月額1,596円)で使ってみましたよ〜。

結果は……。月に200MBしか使いませんでした(^_^;)。

利用シーンにより大きく通信量は変わりますが、私はメインはiPhoneを使っていて、Nexus7は補助的な使い方がメインです。

電車の中で使うことはほとんど無く、自宅や喫茶店などWi-Fi環境で利用することが多かったのが、200MBで収まった一番の理由だと考えます。家はもちろんですが、街中ではWI2 300が使える場所が多く、驚きました。BIC SIMさん様々と言えるでしょう。

移動中に動画を見ることはほとんどなく、Facebookやメールチェック、ブラウジングがほとんどでした。

500MBでも充分?

私のような利用シーンが多い方の場合、ミニマムスタートプラン(月額945円)のバンドルクーポン500MBで充分?かと思うのですが、私は引き続き、ライトスタートプラン(月額1,596円)を使うことにしました。

理由はわずか651円の差でバンドルクーポンは4倍も違います。しかもバンドルクーポンは使い切れなくても、1ヶ月間だけ翌月に繰り越せます

記事冒頭の画面キャプチャを見ていただければ分かるとおり、3800MBも高速通信ができる状態となっています!! これは素晴らしいです(^o^)。

そもそもWi-Fi版でいいんじゃない?

そもそも月額固定費が必要だったり、機器代が高いLTE版でなくて、Wi-Fi版で、通信はiPhoneなどのテザリングでいいんじゃない?というご意見も聞こえてきそうです。

はい、確かにその通りですね!!

ソフトバンクの場合、2,625円で2GBを追加できるんですから、オーバーしそうなときには都度買うよ、という方はそれでいいかもしれません。

でも私の場合は、使いたいときに直ぐに通信をしたいんです!! iPhoneのテザリングをONにしてから使うのは大嫌い、ストレスが溜まるのです。

公衆無線LANのWi2 300を無料で利用できるのも大きいです。MACアドレスを登録しておけばログインが不要でNEXUS7に限らず、iPhone、MacBook Airまでも、公衆無線LANにすぐに接続されるので快適・便利です。iPhone自身のパケット料削減にも貢献しています。

Wi-Fi版でいいや、という方であっても、月額380円のWi2 300だけは利用された方がいいかもしれませんね。

まとめ

利用シーンで通信量は大きく変わるため、今回の記事はあまり意味が無いものかもしれませんが、BIC SIMを上手く使えばお得に快適に利用できるのでご紹介しました。

緊急時に、iPhoneの7GBをいざ使い切ってしまっても、Nexus7でテザリングすることで臨時対応などができます。月額1,596円の追加出費はNexus7を持ち歩くならば容認できるお値段かな?と私は思いました(^^)/。

スポンサーリンク
IIJmio+Nexus7(2013)LTEモデルの組み合わせで丸1ヶ月使ってみた通信量は?
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

Highslide for Wordpress Plugin