iPhone初のワームが見つかる→脱獄ユーザーのみがターゲット

この記事がおもしろかったらシェアしてね

このニュースを見たときに、ドキッとしましたが説明が不足しているな?と思ったのは私だけでしょうか。このニュース記事に決定的に抜けている説明として、ターゲットになるのはいわゆる“脱獄”ユーザーのみ。通常の使い方をしている場合には感染しません。

そもそも通常の使い方をしているとrootパスワードを変更するところなんかあったか?と探しちゃいましたよ!!パスコードロックの事か?と思ってしまいました。あくまで脱獄ユーザーが対象だったのですね。

こちらの記事の方が情報を正確に伝えていますね。

セキュリティ企業各社は2009年11月8日、米アップルのスマートフォン「iPhone」に感染する初のウイルス(悪質なプログラム)を確認したとして注意を呼びかけた。感染すると壁紙を変更されるなどの被害に遭う。感染するのは、保護機能を外したiPhoneのみ。通常の使い方をしている場合には感染しない。

 今回確認されたウイルスは、iPhoneに感染する初めてのウイルス(ワーム)とされている。オーストラリアで発見された。ウイルスが感染対象とするのは、保護機能を外して、どのようなソフトでもインストールできるように改変したiPhoneのみ。いわゆる、「Jailbroken iPhone(脱獄iPhone)」だけである。通常の使い方をしていれば、感染する恐れはない。

 保護機能を外した上で、SSHサーバーソフト(OpenSSH)を稼働させ、なおかつ最初に設定されているパスワード(初期パスワード)を変更していない場合に、今回のウイルスに感染する。ウイルスは、特定範囲のIPアドレスに次々とアクセス。アクセス先が、上記の条件を満たすiPhoneの場合には、初期パスワードを使ってログインし、iPhoneに自分のコピーをインストールする(感染させる)。
世界初の「iPhoneウイルス」出現、“脱獄”ユーザーを狙う – ニュース:ITpro

それにしても影響力の大きいYahoo!だけに、こちらの記事を採用したのには不満が残りますね?。「iPhoneって危険じゃん!」って風評が流れないといいですが……。

ちなみに脱獄ユーザは、脱獄をした時点で自己責任であることを充分に認識と覚悟をしているでしょうし、rootパスワードくらい変えてるでしょう……(^_^;)。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. mst47 より:

    ITmediaはソフトバンクグループなんですけどね。しかもYahoo!ニュースに。
    NTTの光電話の不調とか、ドコモの新製品の不具合のニュースなど公平に扱って欲しいと思ったりw

  2. ひとぅ より:

    Yahoo!のトップページに。という点はソフトバンクグループのYahoo!が、と思って書いたのですが、ITmediaもソフトバンクグループだったのですか。知らなかった。
    それならなおさら、ちゃんと事情を書くべきですよね?(^_^;)。(あ、グループとか関係なく情報が不足してるのには問題が有りですが。)

Highslide for Wordpress Plugin