ついにiPhoneにFlickr公式アプリが日本でも登場!

スポンサーリンク
アメリカでは9月10日に既に公開されていた、iPhone用純粋アプリFlickrがついに日本でもダウンロードが可能となりました。iTunesからダウンロードが可能です。

Yahoo!Japanはソフトバンクグループで、米Yahoo!との関係から日本では公式アプリは公開されないのでは?と思っていたので嬉しいです。

早速ダウンロードして使ってみました。

20091005_233000.png
Flickrアカウントにログインし認証するだけで利用できるようになります。とっても簡単。Contactsに登録されているフレンドの写真がトップにスライドショーで表示されます。眺めているだけでも格好いいですね。

20091005_233100.png
PhotoStreamをサムネイルまたは写真+テキストで表示できます。写真をクリックで詳細画面へ。ウェブアプリ版よりもバラエティに富んでますね。

20091005_233200.png
詳細画面では写真の他タイトルやコメント類が表示されます。しかしここでウェブアプリ版と違い前後の写真が表示されません。これはちょっと不便かな?

この画面から写真を添付してメールを送信することができます。これは便利。ただし送信される写真は500ピクセルに縮小されます。(メール本文ではさらに300ピクセルで表示)あくまでもFlickrへへ誘導することが目的のようです。

20091005_233300.png
写真をタップスすると画面全体で表示されます。ピッチイン・アウトで拡大縮小ができません。これは残念です。なんでできないのかなぁ?

iPhoneを横にすれば回転します。(固定はできません。)写真を横にフリップすれば前後の写真を表示することができます。この辺はまさにiPhoneらしい作りですね。

さてさて、次に一番興味のあった、写真アップ機能も試してみました。

アップする写真はカメラでその場で撮影するか、ライブラリから選択が可能。これは一般的なアプリと同じですね。しかし、選べる写真はひとつだけ。複数ファイルを同時にアップロードはできません。これは残念。

「Image SIze(画像サイズ)」を「Full Resolution(オリジナルサイズ)」か「Medium(500ピクセル)」を選択できます。もう少し中間サイズを指定したかったかも。

「Tag Current Location(位置情報)」を付与するかしないかをON/OFFで切り替えられます。ONにした場合、写真に付与された位置情報ではなく、アップロードした場所の位置情報が付与されるので注意してください。外で撮った写真を家に帰ってからUPしたら自宅の場所をうっかり公開……なんて事の無いように注意したいですね。

SetsやTagsなどの選択はさすが公式アプリ。とても使いやすいです。とくにTagsはタップで複数のタグを簡単に選択できます。もちろん公開範囲なんかも設定できますよ。

このバージョンでは最低限の機能を搭載させた、という感じでしょうか。

現状では、アップロード機能ではFlickitの方が高機能ですし、閲覧も拡大・縮小をして欲しいですね?。それでも公式アプリが公開されたのは嬉しいですね。今後の機能強化に期待大です!!

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ