Gmailのメールの宛先入力がようやく“一般的”になった件

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Googleのメールサービス「Gmail」は他の追随を許さないほどの機能と人気を誇っていますが、好き嫌いが分かれてしまう点が2点ほどありました。

ひとつは宛先のメールアドレスの入力方法。(To、CC、BCCの欄)一般的なメールソフトでは、直接入力またはToなどをクリックしてアドレス帳からもメールを選択しますが、Gmailの場合は、名前やメールアドレスの一部を欄に手入力することで、候補が自動で表示されるという方式でした。

これはこれで非常に便利で高度な技術なため、他のメールソフトもマネをして搭載されているのですが、Gmail初心者にはまずこの時点でつまずきます。

そしてふたつめは、メールのスレッド表示です。同じ件名のメールは自動でまとめられ自分の送信したメールと受信したメールをスレッドで表示されます。メールの流れをまとめて見られるので便利な機能なのですが、「余計なお世話」と感じている人も多いのも事実。

この大きなふたつの機能はGmailを使い始めたときに、まず目に付くところで、他の素晴らしい機能を知らないままにGmailを使うのをやめるユーザーも多かったと思います。これは残念なことです。

しかしGmailは日々進化をしています。今回、ついにひとつめの不満が解消されました!! 

20090827_235000.png
メール作成画面で、「To」をクリックすると……。連絡先リストマネージャがポップアップされ、連絡先や過去にメールした相手をクリックすることで指定することができます。

他のソフトでは普通の機能なのですが、Gmailでようやくこの機能が搭載されました。連絡先以外にも、過去にメールした相手が候補として上がってくるところがGmailらしいプラスαの機能ですね。

ただ、この画面からCCやBCCへ宛先を指定できないのは不便です。一度ポップウィンドウを閉じて、CC/BCCをクリックしてから再度指定しなければいけません。この点はぜひ改善して欲しいな、と思います。

今回、小さい改善ですが、頑なに機能を追加しなかった宛先選択機能ですが、ユーザーの要望を取り入れてくれたのは嬉しい限り。過去にはメールのフォルダ(ラベル)へのドラッグ&ドロップを実現したり、迷惑メールの対象にしない条件を設定できるようにと、ユーザーの要望にしっかりと答えてくれました。

これでスレッド表示のON/OFFを設定できるようになれば、万人にお勧めできる最強のメールサービスになる、と言っても過言ではないかもしれません。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin