広瀬香美さんTwitterのテーマソング「ビバ☆ヒウィッヒヒー」を公開

この記事がおもしろかったらシェアしてね

20090808_060000.jpg
約2週間前にTwitterをはじめたばかりの広瀬香美さんが、みんなの暖かい言葉や、Twitterの緩いつながりに感動されて、ビバ☆ヒウィッヒヒーのテーマソングを感謝の気持ち、という事で制作、昨日の15時頃に自身のブログで公開されました。

ご自身では「Twitterのテーマソング」とは一言も言われていないんですね。「ビバ☆ヒウィッヒヒーのテーマソング」なんだそうです(^_^;)。Twitterから公式コメントが一切でていないところも面白いですね。一ユーザーの盛り上がり、と見ているのでしょうか。(でも絶対に嬉しいだろうな?)

曲を聴いた感想は……。

何ともいい感じの緩い曲に仕上がっています。広瀬香美さんの今までの曲調と少し違い、また新しい一面が見えたように思います。でもこれまでの「聴いたら元気が出る曲」という流れは同じですね。「タイムラインをお?よぎ」ってあたりでは鳥肌が立ちました(^_^;)。こんな素晴らしい曲を無料で提供していただき感謝しています。

しかし、何点か気になることがありました。

「そろそろ飽きてきていない?」という事。この2週間でTwitterのコツや関連するサービスを一通りお勉強になられたと思います。そこでTwitterのいいところ、悪いところに気づかれたと思います。

それが歌詞にもでていますよね。
いい点「ブログでもない チャットでもない その間の感じ」「ゆるく繋がる心地よさ 」
悪い点「傷つける言葉はやめよう 幸せになる言葉送ろう」 「タイムラインを泳ぎ」

緩いつながりで多くのファンへ一斉にメッセージを送れて、すぐにレスポンスがあるこの心地よさと不思議な感じに、まさにCDでも雑誌でも、コンサートでもない、感動だったのだと思います。

一方で、デメリットで一番感じられたのが、「タイムラインを泳ぎ」という部分だと思います。これはいい意味とも取れるのですが、ある程度のフォロー数にもなるとはっきりいって読んでられない速度で通過していく事になります。広瀬香美さんなんか何かつぶやけば、ものすごいレスポンスが瞬時に帰ってくるのだと思います。そのうちはじめの数十程度でも見ている程度なのでしょう。

確か「タイムラインが早すぎて目が回る」とも言っていたことがありましたし、「曲を気に入ったらはてブしてください」とも言ってます。要は見てらんない。後から見る気になれない。という感じなのでしょう。

これはTwitterの使い方で割り切りなのでしょうか。私も気になるのです。過去ログの使い方。流れ去っていったログを効率的に活用できる方法。リアルタイム検索と言って1時間ほど前のTwitterの記事を検索対象になるよう大手検索エンジンが対応を予定していますが、この機能が今後より重要になってくるのかもしれません。ただブログが普及しだした頃と同じように、「ゴミ」のような発言と「有益」な発言とどう検索エンジンが判断するか。この辺もポイントですね……。

何だか話しがそれましたが、最後にもう一つ気になったことが……。Twitterを趣味で続けているように見える広瀬香美さんですが、何だかそろそろビジネスのニオイがしてきましたね。メルマガを発行したり、ホームページにうまく誘導したり……。これ自体は何ら問題無くどうぞやってもらって結構なのですが、これまで個人の趣味の範囲でやっていたTwitterをビジネスの話題へどう切り替えていくか。そしてTwittterがいつまで続くか……。この辺がとても興味があるので注目したいと思います。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin