Google Chrome早くもバージョン3のベータ版が公開、でも乗り換えられない理由

スポンサーリンク
早いもので、Google Chromeの新しいベータ版が公開となりました。バージョンの表記は「3.0.195.4」。もう3ですか。怒濤の勢いですね。

まず、Google Chrome の変わらぬゴールであるスピードについては、私どもの継続した努力の結果を今回の Beta 版にて堪能いただけます。V8 と SunSpider のベンチマークによって、現在の Stable チャンネルで公開されているバージョンと比較して、30% 以上も高速になっております。

さらに今回は、高速化に加えて皆様の毎日がさらに楽しくなるように、今回はデザイン面でも改良を加えております。

今回の Beta 版では、カスタマイズ可能な新しい「新しいタブページ」、改良された OmniBox、そしていくつかの新しいテーマを提供させていただきます。テーマ機能は色やパターン、イメージなどでブラウザを彩ることができる機能です。

また、今回は HTML5 のいくつかの機能も含めております。
Google Japan Blog: Google Chrome 新しい Beta のご案内

バージョン3で改善された点はいろいろあって詳しくは公式ブログや他のサイトをご覧いただきたい(他力本願!(^_^;))のですが、早くて快適で高機能になっていってるのは分かるけど乗り換えられないんですよね、私の場合。

乗り換えられない理由ははっきりとしています。要はFirefoxのアドオンへの依存度が高いから。恐らく私と同じようにFirefoxを愛用している人ほど、Google Chromeの魅力、素晴らしさを理解できるのですが、乗り換えられない……。そんなジレンマを感じている方も多いのではないでしょうか。

Google ChromeでFirefoxのアドオンが動くようになれば、即乗り換えるでしょう。「高度な設定」などで一般のユーザーは使わない、使えないところで設定できるようにしていただければ影響範囲も少なくて済むのでは無いか、と思うのですが……。

スピードを追求している現在のGoogle Chromeの方針に反するのでかなり難しいと思いますが、期待をこめてあえて書いておきたいと思います。最低、5つは外せないプラグインがあるんですよね?。

ソフト・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ