子供のおもちゃに7,000円って無いんじゃないかと思う

この記事がおもしろかったらシェアしてね

侍戦隊シンケンジャー 侍合体 DXダイカイオー
去年のゴーオンジャーに続き我が家の息子は、今年もシンケンジャーにはまっています。

スーパー戦隊シリーズはご存じの通り、武器やロボットなど次々に新作が発売され、集めることでものすんごい立派な合体ロボが完成するわけで、ひとつでも欠けちゃうと、それまでの努力が水の泡って事になります。

発売のパターンを見てみると、基本ロボット7,000円をまず発売し、周りの小さな合体ロボットを2,000円ほどで2、3発出しておいて、次にまた7,000円ほどの大型ロボットを発売されます。その後も2,000円程度のロボットを2、3回発売され結局、3万円以上も投資させられることになります。

この販売戦略は、分かっちゃいるけどもまんまとはまってしまう人も多いのではないでしょうか。でもこの価格設定、どうにかならないもんですかねぇ?

2,000円程度ならばお約束ごとなど頑張ったらご褒美に、と買ってあげられるレベルですが、7,000円(ビックカメラなどで実質5,000円以下)は無い。無理。誕生日やクリスマスなどの大型イベントでなければ買ってあげられないですよ。普通の家庭では。家計の話しもありますが、それよりも教育上よくない、と思うんですよね。

この辺、東映とバンダイはどう考えているのでしょうか。ストーリー上このタイミングで出てくるのが自然、というのは理解できるのですが、どうも解せない。それならば7,000円の大型ロボットを2,000円で3回出してくれる方が親としてはまだ買いやすい。

恐らく7,000円のロボットが買えず挫折する人も多いと思うので、2,000円で小出ししてくれる方がついて来る人も多くなると思うんですけどね……。

我が家はテレビゲームをしないのでWiiもDSも持っていません。その分戦隊ものを集めているのですが、ぜひ改善して欲しいな?と思います。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin