Windows7はプロダクトキーだけで各エディションを分けてるらしい

この記事がおもしろかったらシェアしてね

このニュース記事なんですが、「ふ?ん」と読み進めていたのですが「WAUのインストールはアップグレードキーを設定するだけなので、作業は10分弱で済むという。」という文を見て、「おいおい」と思わず突っ込みたくなりました。

Windows7を購入したディスクって全て同じって事ですよね、これ?

要はプロダクトキーだけで各エディションの機能制限を制御しているだけってことを、自分で公式にアナウンスしちゃってます、マイクロソフトさん。まぁ、そんな風になってるのは容易に想像はできるのですが、やっぱりマイクロソフトのライセンスの考え方は好きになれません。

複雑なエディションと価格帯。さらには今回は7の中でアップグレードできたり、複雑怪奇過ぎて早くも嫌な感じになってきてません?Windows7。決して安くないのに一番下のエディションはユーザーにわざわざ不便を強要させて、「ほら、あと○○出せば、お得に便利な機能が追加できるよ?どう?」と言ってるようで嫌な感じです。

概ね好意的な評価が多い中、今のうちに急いで発売しちゃえ!って感じですが、販売形態についてはWindowsVistaまでの失敗をまったく反省していないし、改善しようとしないですね、マイクロソフト。

マイクロソフトが本気になって戦略転換に出るのはいつも協力的なライバルが現れてから。それまではのらりくらり独占状態をいいように利用し、儲かる構造を維持し続けます。そう言う意味ではChromeOSの登場が分岐点になる可能性があります。ChromeOSにはぜひその役割を担ってくれるよう期待したいですね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin