iPhone OS 3.0.1ソフトウェア・アップデートがリリース 緊急アップデートでも数百MBもある件

スポンサーリンク

iPhone OS の最新版がリリースされました。小数点第2位のカウントアップで分かるように、今回はSMSの脆弱性を修正しただけのようです。私はこれからアップデートしようかな、のんびり構えているのですがなんと言ってもファイルサイズが大きすぎますよね?。対象はすべてのiPhoneで容量はiPhone 3GSの場合、297.9Mバイト。iPhone 3Gでは230.1Mバイトもあります。

アップルのアップデートっていつも全部のファイルを強制的に上書きというスタンスなんですが、これってどうにかならないもんですかね??自社のサイトへアクセスが集中し占有率が高まりネットワークのリソースを消費しますし、利用者に取っても貴重な時間を費やす必要があります。

差分の配布は過去の全てのバージョンでの動作確認をする必要があり煩雑なのだからだと思います。余計なトラブルの可能性を排除したい。という事で無条件にアップデートファイルはひとつ。というスタンスなのだと思います。

このポリシーは理解できるのですが……。せめて50MB程度に抑えておかないとアップデートのたびに数百MBってADSL回線、さらにはモバイル環境のユーザーに取っては迷惑な話ですよね?。特に今回なんてSMSの脆弱性の修正だけやもんなぁ……。

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ