マイクロソフトがようやくウェブ戦略に舵を切ったか。「オンライン版Office」は無料。Googleに真っ向勝負!

スポンサーリンク

マイクロソフトは大きな転換点に立っています。と、言うよりも待ったなしの状態、と言えるかもしれません。WindowsとOfficeの圧倒的なシェアで市場を思いのままコントロールしてきたマイクロソフトに待ったをかけたのは、“インターネット”の存在です。

マイクソフトは長い間、インターネットに本気を出しませんでした。「儲からない商売」に乗り出す理由は何一つなかったのです。1995年頃から始まったインターネットに本気で取り組まなかったツケが回ってきたといえるでしょう。

何度となくChangeするチャンスはあったのです。それをことごとく失敗、または自ら失敗に導いたのでは?と思えるような事ばかりしている間に、Yahoo!、Googleと言った企業の存在感は圧倒的となり、ついにはブラウザ市場、OS市場にも乗り出してきたからには、放っておく訳にはいきません。(かねがね噂され予想できていただけにこの時点で数年遅いのですが。)

マイクロソフトもついに主力製品のウェブ化、無料化に乗り出します。今後、収益モデルをどう構築するのか。この点が最も興味のあるところです。広告収入による基盤を気づいたGoogleも、ブラウザ市場、携帯OS市場、果てはミニノートOS市場での収益モデルは未だに描けていません。恐らくはそれらはGoogleのサービスを利用させるがためのツールのひとつとしての普及を図る目的なのでしょうけどもGoogleといえど終わりなき競争に足を踏み入れたような気がします。

これから当面は、Google VS Microsoftの攻防から目が離せませんね。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ