ソフトバンクのHSPDAエリアを調べる方法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

6月26日に購入したばかりのiPhone 3GS。次の記事にあるように私も大満足です。

特に評価が高いのは、iPhone 3GS の「S」の意味でもある「スピード」の点だ。ユーザー側の実感値としても、このスピードの速さはかなり体感できるレベルのようで、「アプリの立ち上げ等、全般的に2、3倍の早さを体感できます」「体感的にサファリでも2倍近い速度の向上は感じられます」など、従来の iPhone 3G ユーザーも、その速度向上にはかなり満足しているようだ。

また、バッテリーの持ちについても、高機能なスマートフォンであるためほかの携帯電話ほどの駆動は無理だが、前モデルに比べるとかなり改善している、という評価がなされている。
「iPhone 3GS」、購入したユーザーの反応は?――価格.com トレンドが報告(japan.internet.com) – Yahoo!ニュース

初めてのiPhoneですが、これほどの衝撃を感じたことはありません。私は思えばモバイル端末に興味がある方で以前は、ソニーのCLIEも使っていたほどです。あの当時は「これに通信機能があれば毎朝、パソコンと同期しなくていいのに」など不満に思っていたことがすべてできるようになっているのです。

非常に満足して使っているiPhoneですが、3Gからも言われていますが通信速度に不満を持っている方も多いようです。

また、ソフトバンク モバイルの通信網に対する不満は前モデルの iPhone 3G から存在していたが、今回の iPhone 3GS でも、「3Gでつながるエリアが狭い」という意見は依然として多い。

今回の iPhone 3GS から下り理論値最大7.2Mbps の「HSPDA」方式に対応しており、データ通信の速度も最大値は上がっているのだが、その恩恵がエリアによっては完全には受けられないという形となっており、この点不満を感じるユーザーは相変わらず存在するようだ。
「iPhone 3GS」、購入したユーザーの反応は?――価格.com トレンドが報告(japan.internet.com) – Yahoo!ニュース

3GSからは下りが最大7.2MbpsのHSPDA方式に対応しているのが魅力的なのですが、肝心のエリアはソフトバンクモバイルから公開されていないので各自問い合わせする必要があるようです。

2008年1月のソフトバンクカタログには「全国の県庁所在地および主要都市、首都圏/16号線内、東海/名古屋市および周辺の主要都市、静岡市、関西/京阪神エリア」と記載されている。

しかし、サービスインから約二年を経過するも、3Gハイスピードのエリアマップは公開されておらず、今後のサービスエリア拡大のロードマップも示されていない。実際には主要都市に限らずかなりのエリアに対応しているようではあるが、前述のように公式には公開されていないため、現在のサービスエリアの確認はソフトバンクショップ、またはお客さまセンターへの問い合わせを要する。

ソフトバンクモバイルの宮川潤一取締役専務執行役CTOへのインタビュー[2]によれば、3G ハイスピード対応の基地局は、屋外基地局35,000局のうち、約30%ということが明らかになった。

人口カバー率は、2008年度(2009年3月期)第1四半期連結決算発表会において、現在70%[3]であることが公表された。同会の席上で、孫正義社長は「しばらくのうちに95%にまで増やしていく」としたが、実現時期のコミットメントはなく、現時点での実績も同業他社と比べて低い。

なお、NTTドコモのFOMAハイスピードは2008年12月末時点で100%[4]、イー・モバイルは2008年6月時点で85%[5]を達成している。
3G ハイスピード – Wikipedia

2009年3月現在、人口カバー率は70%らしいので大都市エリアではほぼ対応していると思われます。NTTドコモに比べると大幅な遅れを取っていますね。早急に95%まで持って行ってもらいたいと思います。(ドコモのように100%にしないの?)

さて、今、居る場所がHSPDAエリアなのかをiPhoneで簡単に確認する方法をご紹介します。CheckTubes」(無料)を利用します。

20090701_074000.jpg
「Check Youe Tubes」をクリックすると通信速度を測定してくれます。「Wireless」が無線LANでの測定、「Cellular」が3G回線を使った測定です。Line speedが表示されていますので1Mbps以上でているとHSPDAエリアと言えそうです。あなたのお家はどうですか?

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin