ホームページ作成サービス「Jimdo」日本語版が公開!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

20090325_220000.jpg

KDDIウェブコミュニケーションズは3月25日、ドイツのJimdo GmbHと業務提携し、オンラインのウェブページ作成サービス「Jimdo」の日本語版を公開した。

 Jimdoはウェブページの編集画面と完成画面を同一のインターフェースで表示するため、HTMLやCSSの知識がなくても直感的にページを作れる点が特徴。ページ編集、フォーム作成、ブログ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、フォトギャラリー、アクセス解析、外部サービスとのマッシュアップなどの機能を無料で利用できる。

 月額945円の「Pro」コースを利用すれば、独自ドメインの設定、広告の非表示、高機能なアクセス解析といったオプションを利用できる。

 Jimdoは2007年にドイツで開発された。同年のサービス開始から1年半で50万人以上のユーザーを集め、日本語版のほかに英語、ドイツ語、中国語、フランス語、ロシア語、イタリア語、スペイン語の7カ国語版が提供されている。
Web3.0世代のホームページ作成サービス「Jimdo」、日本語版公開:ニュース – CNET Japan

ホームページを作成するには高いスキルが必要で、「コンテンツを作る」前に挫折する事が多いのですが、大きくハードルを下げた、いわゆるCMSツールとも言えるホームページ作成サービス、Jumdo日本語版が3月25日にリリースされました。

日本ではKDDIが運営するという点が大きいかも。バックボーンがしっかりしているのはとても安心。さらに有料会員になれば独自ドメインを取得することも可能なのも嬉しい。

早速、登録をして触ってみましたが、よく考えられていて触りたいな、と思うところはたいていがマウス操作で簡単に設定を変えられます。これだけ簡単ならホームページの初心者でも迷わずにホームページを作れそうです。

ブログのおかげで一般個人が情報発信をするツールを手に入れる事ができたわけですが、「ブログ以外の形で情報発信をしたい」という需要は必ずあるでしょう。定型的なホームページやクラブサイト、中小企業のサイトなどに向いているのでは無いでしょうか。

今後、要注目のサービスですね。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin