ソフトバンクのiPhoneの購入を検討してみた→購入を見送った

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ソフトバンクモバイルでは、iPhoneのお得なキャンペーン「iPhone for everybody」キャンペーンを実施中です。3月31日までの「ホワイト学割with家族」のキャンペーンも利用すればさらにお得かも、と思って購入を検討してみました。

結論から言えば契約を断念しました。理由はキャンペーン以外の私自身の生活パターン等理由があるのですが、ホームページやカタログには詳しく書かれていない点について、ショップの販売員さんにじっくり聞いてみましたので、ご紹介したいと思います。

iPhoneはもちろん、ソフトバンクモバイルの加入を検討されている方にも参考になる点があるかもしれません。

スポンサーリンク

iPhone for everybody の盲点

iPhone for everybodyキャンペーンは2年間縛りで端末が安くなり、さらにパケット料金が通常5,985円が4,410円となりお得?!というものなのですが、途中解約をした場合は違約金(契約解除料と記載されていますが)として9,975円がかかります。違約金を払わなくていい時期は2年経過後の翌月1ヶ月間だけです。

と、ここまでは書かれている事なのですが、さて気になるのは3年目以降のパケット料金。当然自動更新なのだから4,410円が継続されるだろう、と思って聞いてみたら、3年目以降は、5,985円が適用されるのだそうです。

え?これっておかしくないの?と思ったのですが、販売員さんはそのように説明をされました。これは意外な盲点です。

ホワイト学割with家族の盲点

ホワイト学割with家族キャンペーンは、新規契約をすれば、小学生から大学院まで「学生」ならば3年間、ホワイトプラン980円が490円になります。また家族も同時に新規加入すれば親の回線も490円になるのだそうです。(未確認ですが恐らく父母の2回線まで)

4年目以降は490円が980円となります。学生期間中が480円では無いので注意が必要かも。4年目以降に今年と同じように学割があれば、一度解約して新規契約すれば電話番号が変わりますが480円となります。

と、ここまでは書かれていますが、我が家は息子が小学生なのですが、「申し込みの際は保険証など親子が証明できるものを持参するここと、子どもも一緒に来るように。」と販売員に説明されました。何とも面倒ですね。

ホワイト家族24の盲点

ホワイト家族24は、家族ならば離れて生活していても、また請求先が違っていても家族であれば24時間で通話無料になるサービスです。

我が家では離れて暮らす両親を親機に家族登録したのですが、(父親の携帯を親機)数年前は確か、家族全員がショップに行って、免許書を持参しただけでよかったように記憶しているのですが、説明員さんに「申し込みの際、ご本人様全員が来られて、家族関係が分かる戸籍謄本を持ってきて下さい。」と言われました。何だか大げさなことになっています。こんなにややこしかったかなぁ?

以上、長くなりましたが、ソフトバンクモバイルの分かっていそうで分からなかった疑問が解決したので、書いておきました。今回、私に説明をしていただいたのは、ビックカメラなんば店の説明員さんです。万が一、間違った説明の場合がありますので、念のためご自身でもお問い合わせされることをお勧めいたします。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin