日本語ドメインは流行らない……。

この記事がおもしろかったらシェアしてね

「.東京」など利用可能に=4月めどにルール作り?総務省

 総務省は12日、インターネットアドレスの末尾につけるドメイン名(ネット上の住所)に「.東京」「.関西」「.富士山」といった地名や地域名などを導入するためのルール作りに着手したことを明らかにした。ドメイン名を管理する非営利の国際組織ICANN(米カリフォルニア州)が、漢字表記の国名「.日本」とともに、6月にも地名入りドメインの申請受付を開始する見通しであることから、専門家で構成する作業部会で4月をめどに報告書をまとめる方針だ。
「.東京」など利用可能に=4月めどにルール作り?総務省(時事通信) – Yahoo!ニュース

URLに日本語を、という話しは昔からありますが成功した試しがありません。しかし最近は検索サイトの技術向上や利用率があがったことで、ドメインを直接アドレスバーに入力することが減ったように思います。

そう言う意味でもドメインは「見やすさ」やインパクトを求められているのも事実。さて今度はトップレベルドメインの部分が日本語を、というのが検討されるようですが、これはいくら何でも……というのが感想です。

さて今回はどうなるかな?

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin