USBメモリ全体を暗号化する方法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

情報漏洩のリスクが高いUSBメモリ。大容量化&低価格化で普及が進む中、情報漏洩の危険性が高まっています。

最低限の自衛としてUSBメモリの紛失時の対策としてUSBメモリ全体を暗号化しておきたいところです。

USBメモリの暗号化、と言っても大きく二つあります。

  • ファイルごとに暗号化する
  • ドライブ全体を暗号化する

簡単なファイルごとの暗号化をしている方が多いのではないでしょうか?でもこの場合は、利用するときに複合化してやり編集が終わったものを再び暗号化してあげる必要があり、この運用はすぐに破綻すると思います。

人間って面倒なことは長続きしないものです。

そこでUSBメモリ全体を暗号化してあげる方法を今回は考えたいと思います。USBメモリをパソコンに刺せばパスワードを入力→利用可能な状態に。USBメモリを抜けば、暗号化された状態に戻る。

利用者は利用を始めるときにパスワードを入力する以外に意識することなく安全にUSBメモリを利用することができる、やっぱりこれに限りますね。

メーカーによってはUSBメモリにドライブ全体を暗号化するソフトを添付しているところもありますが、利用するパソコンすべてにそのソフトウェアをインストールしてあげる必要があったりしますが、これは不便です。インターネットカフェや客先のパソコンを借りたりする場合もあるでしょう。その都度ソフトをインストールなんてできません。

そんな不満点をすべて解消したのが、USBメモリのセキュリティです。

名前もシンプルならセットアップや普段の運用も非常にシンプルです。このソフトを使えばUSBメモリ全体が暗号化され、利用するパソコンに刺してパスワードを入力するだけですぐに利用できる状態になります。終了時もそのまま通常の操作でUSBメモリを取り外せばそれでOK。

少しの違いですが、これだけでかなり情報漏洩の危険性は軽減されます。ぜひUSBメモリに導入しておきたいソフトですね。(制限事項として4GBまでとなります。)

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin