モバイルの高速化はどこまでいくの?

この記事がおもしろかったらシェアしてね

2010年にも商用サービスの開始が予定されている3.9世代携帯電話(3.9G)の周波数割り当てを、当初計画から変更することがこのほど決まった。総務省が近く正式に発表する。

 3.9G世代携帯電話の周波数割り当ては、現在主流の第2世代携帯電話(2G)が2012年3月までに終了するのに伴い、2Gが使用している1.5GHz帯が3.9G向けに再編される方針。その際、当初予定では3.9G向けに周波数の割り当てが可能な事業者は2?3社とされていた。
3.9G次世代ケータイ、参入意向の4社に周波数の割り当てへ:モバイルチャンネル – CNET Japan

今度は3.9世代ですか。現在は3.5世代とか呼ばれるもので速度的にじゅうぶん満足なのですが、まだ高速化を求める声があるのですかねぇ?

3.9世代はSuper3Gと呼ばれ最大データ通信速度は、下り100Mbps、上り50Mbpsだとか。もう光と遜色ない速度になるわけですね。

ただ問題は、いくらなの?という点です。

一般利用者の立場から言わせれば、せっかく整備した、3.5世代のインフラを効率よく活用・運用して、もっと安価にサービスを提供してくれたらいいのに……と思うのですけどね。キャリアにとっても設備投資は結構な負担でしょうし。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin