【旅行記】まるでラピュタと人気の友ヶ島へ行ってみた

スポンサーリンク

IMG_20181021_114326

大阪から近くにある神秘な島をご存知でしょうか?大阪市内から車で1時間半、和歌山加太港から渡船で20分で到着する、友ヶ島は、その神秘的な雰囲気は、「まるでラピュタ」とSNSで度々話題に上る人気観光スポットです。

私はこれまでに3度行こうと思いましたが、悪天候で船が出航しなかったり、台風被害で桟橋が壊滅の被害を受けたりと、なかなか行けなかったのですが、先日、ついに念願の友ヶ島に上陸することができました!

今回は、このブログでは珍しい、旅ブログ記事です。大阪から約2時間で行ける、天空の城ラピュタの世界へご案内します。

IMG_20181021_092428

加太港から友ヶ島までの交通手段は友ヶ島汽船のみ。定員100名で予約不可、先着順。定員に達すると容赦なく次の便に乗車することになります。休日など繁忙期は臨時便が出ますがそれでも1時間に1本です。

行きはまだいいのですが、問題は帰り。万が一定員オーバーになるものなら1時間どこで時間を潰そうかと悩むことになるでしょう。

10月21日日曜日は9時の便は8時半に定員に達して、9時45分には10時の便が定員に達していました。曜日や季節によって差がありますが、9時に乗船したい場合は早めに行くことを心がけましょう。

友ヶ島への旅はお任せください! | 友ヶ島汽船 和歌山 友ヶ島
和歌山加太と瀬戸内海国立公園 友ヶ島を結&#12406...

IMG_20181021_094048

船を下り桟橋を渡り広場を右手へ。約10分ほどで廃虚となった海の家や軽食屋の建物が姿を現します。過去のにぎわいを感じるとともに閑散とした寂しさが、また良い雰囲気です。

IMG_20181021_100021

島の閑散と相反して海は壮大です。キラキラと太陽が反射してきれいです。

IMG_20181021_111234

砲台跡や灯台などを見ながら島を探索すると頂上へ到着しました。約2時間ほど。景色が素晴らしくて疲れも吹っ飛びます。

IMG_20181021_112926_1

淡路島がこんなにも近くに見えます。船が多く行き来しています。

IMG_20181021_113320_1

第三砲台跡が最大規模で草木がうっそうとしていて神秘さを増幅しています。

IMG_20181021_114126

武器保管庫が並ぶエリア。何やらロボットが住んでいそう。

IMG_20181021_114203

人気がまったくありません。誰かが行きを潜めているようです。

IMG_20181021_114228

ここは日本、ましてや和歌山県とは思えませんね。時間の流れが違うように感じました。この雰囲気はなかなか味わうことができません。島を半周するコースで約3~4時間。ぜひ足を運んでみることをお勧めします。

 

友ヶ島の写真をインスタグラムで公開しています。よければこちらもどうぞ。

View this post on Instagram

#加太港 #友ヶ島

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島 #廃墟

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島 #砲台跡

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島 #砲台跡 #灯台 #太平洋

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島 #海岸

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島 #展望台

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

View this post on Instagram

#友ヶ島 #砲台跡

A post shared by ひとぅ (@hitoxu) on

雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ