【TIPS】WikipediaやまとめサイトよりJapanKnowledgeがオススメ!?

スポンサーリンク

2018-10-06_07h23_00.png

インターネットに接続されたスマートフォンは便利で、調べ物にも最適です。分からない単語や用語など一発で検索して結果が表示されます。

しかし!

Google検索やWikipedia検索をすると、余計な物が目にとまりついついネットサーフィンをしてしまうことって、誰しも経験するインターネットの甘い罠です。Wikipediaやまとめサイトの情報には間違いも含まれています。

そこで有料辞書・辞典検索サイトの出番となります。今回はJapanKnowledge Personalをご紹介します。月額1,620円 or 2,160円のサービスで辞書・辞典が50冊以上をつかい放題です。

ジャパンナレッジ Personal
ジャパンナレッジを個人でご利用いただくためのサービス紹介です。約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが一括検索できます。
スポンサーリンク

敢えて有料のジャパンナレッジを使う理由

  1. 情報が常に最新
  2. 初期投資が不要
  3. 膨大なコンテンツを利用できる
  4. 余計な情報を排除し、必要な情報だけを入手できる

インターネットなら無料でいくらでも検索して情報を入手できるし、電子辞書でもいいのでは?と思うかも知れません。

前述の通り、インターネットで検索をすると、余計なものが目に入り気が散ってしまいついつい遊んでしまいがちです。電子辞書は買った時は最新の情報ですが、基本的には辞書の情報は更新されません。

ジャパンナレッジなら、常に情報は最新で検索結果もシンプル表示なので、気が散ることもなく、必要な情報を最短時間で効率良く入手できます。

月額料金が1,620円と2,160円の2種類ありますが、利用コンテンツの差となります。以下のコンテンツ一覧の「+R」の有無となります。私は2,160円の「JKパーソナル+R」を契約中ですが、1,620円の「JKパーソナル」でも十分だと思います。

無料で無数の情報が手に入る時代でわざわざ有料コンテンツを契約するメリットはあるのでしょうか?もうしばらく様子を見てみようと思います!!

サンプル記事は以下のページで確認できます。気になる方はチェックしてくださいね。

サンプルページ一覧 | ジャパンナレッジ
「日本大百科全書(ニッポニカ)」「世界大百科事典」「日本国語大辞典」「国史大辞典」「日本歴史地名大系」「日本人名大辞典」「日本架空伝承人名事典」など選りすぐりのコンテンツからピックアップしたワードを公開中。

利用できるコンテンツの一覧

+R 印のコンテンツは、「JKパーソナル+R」のみで利用可能

百科
日本大百科全書
改訂新版 世界大百科事典
Encyclopedia of Japan

日本語
デジタル大辞泉
日本国語大辞典(第二版)
新選漢和辞典 Web版
字通
小学館 全文全訳古語辞典
数え方の辞典
日本方言大辞典+R

歴史
国史大辞典+R
日本歴史地名大系+R
誰でも読める 日本史年表
古事類苑+R
江戸名所図会

英語
小学館 ランダムハウス英和大辞典(第2版)
プログレッシブ英和中辞典(第5版)
プログレッシブ和英中辞典(第4版)
コウビルド米語版英英和辞典
CAMBRIDGE英英辞典(第2版)
理化学英和辞典+R
医学英和辞典(第2版)+R
プログレッシブビジネス英語辞典+R
SPED理工系英和辞典+R

ヨーロッパ言語
小学館 独和大辞典(第2版)+R
小学館 ロベール仏和大辞典+R
小学館 西和中辞典(第2版)+R
小学館 和西辞典+R
小学館 伊和中辞典(第2版)+R
小学館 和伊中辞典(第2版)+R
ポケットプログレッシブ独和・和独辞典
ポケットプログレッシブ仏和・和仏辞典(第3版)
ポケットプログレッシブ西和・和西辞典
ポケットプログレッシブ伊和・和伊辞典
羅和辞典(改訂版)+R

東アジア言語
ポケットプログレッシブ中日・日中辞典
ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典

用語・情報
情報・知識 imidas
現代用語の基礎知識
会社四季報
法律用語辞典(第4版) +R
デジタル大辞泉プラス
図書館情報学用語辞典(第4版)

人名・文化・宗教
日本人名大辞典
デジタル版 集英社世界文学大事典+R
日本人物文献目録 +R
新版 日本架空伝承人名事典+R
新版 能・狂言事典+R
新版 歌舞伎事典+R
例文 仏教語大辞典+R

科学
デジタル化学辞典(第2版)
法則の辞典

記事・コラム
週刊エコノミスト
平成ニッポン生活便利帳

叢書
東洋文庫
新編 日本古典文学全集
文庫クセジュ ベストセレクション+R

※KADOKAWAコンテンツ(『角川古語大辞典』『角川日本地名大辞典』『新編国歌大観』)および『群書類従』、『風俗画報』などのJKBooksコンテンツは法人向けサービスとなり個人利用不可。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ