【お得な情報】iPhone 6、6s、SEユーザーは年内に安くなったバッテリー交換をやろう!

スポンサーリンク

IMG_20181006_115529

iPhoneのバッテリー交換費っておいくらかご存知ですか?

昨年12月まで一律で8,800円でした

Appleは2017年12月28日にバッテリーの交換プログラムを発表し、(Apple Care+ for iPhoneの)保証対象外の場合、通常8,800円かかるバッテリー交換費用を、2018年12月末日までの有期限で、3,200円に減額されました。

対象機種はiPhone SEとiPhone 6シリーズ以降、iPhone 8シリーズ、iPhone Xのモデルです。(iPhone Xsシリーズは除く)iPhone1台につき1回だけ受けられます。

2019年1月1日以降は、8,800円に戻る……のではなく、次のとおり価格改定されます。

  • iPhone Xs/Xs Max/XR…7,800円
  • iPhone X…7,800円
  • iPhone SE〜8 Plus…5,400円

5,600円のUPまでではありませんが、2,200円~4,600円のお値段UPとなります。

スポンサーリンク

長く使うならバッテリー交換しておこう!

バッテリーの減りが早くなったと思う方はもちろん、バッテリーの寿命は2年程度と言われています。基本的にiPhone 6、6s、SEユーザーはバッテリー交換しておくことをお勧めします。

バッテリー劣化状態を診断(確認)する方法は、アプリを利用するか、iOS 11.3以降なら、設定画面から確認可能です。

  • 「Battery Life」アプリで確認 または、
  • iOS 11.3なら、iPhoneの「設定」アプリからバッテリーバッテリーの状態で確認

一般的に80%以下なら交換の目安となっているようです。

バッテリー交換時間は約30分でOK!

カメラのキタムラで交換してもらいましたが、バッテリー交換は約30分程度で交換してもらえました。手順としては以下の通りとなります。

  1. Appleのサイトから「バッテリー交換を申し込む」→「持ち込み修理」を選択し、最寄りの「Apple 正規サービスプロバイダ」または、「Genius Bar」で予約をする
    ※カメラのキタムラならオンライン予約可能です
  2. iCloudなどにiPhoneのデータをバックアップする
    ※バッテリー交換では、データは消去されませんが、念のため
  3. iPhoneを探すをOFFにする
  4. 訪問予約日にお店に訪問する
  5. 必要情報を登録し受け付けをする
  6. iPhoneの診断後、いろいろ承諾させられ修理開始
    ※修理後に壊れたらそのまま返却か有償修理対応となるを承諾
    ※データが消える場合があることを承諾
  7. 約30分で作業完了
    ※Genius Barなどは2時間程度かかるという情報も

さいごに

私は、SIMフリーと中古で購入した、2台のiPhone 6sがあり、どちらもバッテリー交換をしてもらいました。SIMフリーのiPhone 6sは、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」に該当していたため、バッテリー交換は無料でした!もう1台のiPhone 6sのみ3,200円(税別)でした。

余談ですが、SIMフリーのiPhone 6sはバッテリー交換後、前面カメラが起動しなくなってしまいました。真っ黒の画面が表示されます。これは作業員さんのミスを認め、無償で前面パネル交換を対応してくれました。

無事、2台のiPhone 6sがバッテリー劣化状況が100%となりました!やったー!!みなさん安い今の間にバッテリー交換をしておきましょうね!

 

 

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ