【TIPS】Apple ID 2ファクタ認証をONにしてしまった場合の注意点

スポンサーリンク

2018-09-23_14h44_47.png

Apple IDのセキュリティ強化策として、2ファクタ認証なるものが搭載されています。

iPhoneやiPadなど、Apple製品を新しく設定する時に気づかずに、有効にしてしまった、という方も多いのでは無いでしょうか?私もそのひとり。

Apple ID 2ファクタ認証が有効になると、アカウントにログインする際に、Apple IDとパスワードの他に、信頼できるデバイスまたは、登録した信頼できる電話番号が必要になります。

Apple ID の 2 ファクタ認証
2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。
スポンサーリンク

ログイン方法の変更

Apple ID 2ファクタ認証が有効になるとログインが変更されます。

従来のログイン
1. Apple IDとパスワードでログイン

2ファクタ認証有効でのログイン
1. Apple IDとパスワードでログイン
2. 信頼できるデバイス、または、信頼できる電話番号に送信される6桁の数字を入力

信頼できるデバイス、電話番号とは?

信頼できるデバイス、信頼できる電話番号は、それぞれ1つ以上登録が必要です。

信頼できるデバイスとは、
iPhone、iPad、Mac、iTunes・iCloudがインストールされたWindows PCが設定できます。

信頼できる電話番号とは、
SMSを受信できる電話番号、または、音声通話を着信できる電話番号のいずれかを登録できます。

iPhone 1台の場合は特に注意!

iPhoneを1台だけ所有している人は特に注意してください。

信頼できるデバイスをiPhone、信頼できる電話番号をiPhoneの電話番号を設定していませんか?

iPhoneを紛失した時に、Appleアカウントにログインしたい場合に、2ファクタ認証 6桁の数字を受信する手段がないため、Appleアカウントにログインできなくなります。

この状況の方は、特に注意しましょう。

iPhone以外に信頼できるデバイスを増やすのはハードルが高いので、信頼できる電話番号を、iPhone以外の番号を1つ以上登録しましょう。例えば、自宅の固定電話や、両親・家族の携帯電話の番号を検討してください。

Appleのデバイスを複数持っていてもウザい!

Apple ID 2ファクタ認証を有効にした、iPhoneやiPadの機器を複数持っている場合も、実はうっとうしいことになります。Appleアカウントでログインする度に、確認メッセージが送付されます。

プッシュ通知がウザいのです。あなたのiPhone、あなたのiPad、子どものiPad、家族共用のiPadなどにも、テロリンとプッシュ通知されます。

2ファクタ認証を一度、有効にすると2週間を経過すると無効にできなくなる

Apple ID 2ファクタ認証は、最近登録した人は初期から有効になっていますが、既存ユーザーは任意で設定可能です。一度、2ファクタ認証をON、有効にすると、2週間以内なら、元に戻せますが、2週間を過ぎると、無効、OFFにできないので注意が必要です。

Apple IDの安全性を高めるための手段なので、必要なものであることは理解しますが、任意で有効・無効を設定させて欲しいですよね。

確認コードを入手して 2 ファクタ認証でサインインする
2 ファクタ認証をご利用になる場合、新しいデバイスやブラウザで Apple ID を使ってサインインする際は、確認コードの入力が必要になります。
Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ