【レビュー】USB PD対応ACアダプターを2つ試してみた、オススメは?

スポンサーリンク

44564510491_5006ad92c4_k

我が家では、Nintendo Switchや、Lenovo Ideapad Miix 720、Mate 10 Proなど、USB Type-C端子で充電・給電する機器がここ1年ほどで急増しました。

USB Type-Cの特徴は、高い電圧で多くの電流を流すことで急速に充電ができます。いろんな規格があって混乱してしまいますが、これまでのUSB充電器では容量が足らずに、うまく充電ができなかったり、遅かったりするので、今回は、USB PD (Power Delivery) に対応した、充電器を購入してみました。

今回は、比較するために、以下の2つを購入しました。

USB-C、USB Type-CはUSB端子の形状の規格(名称)で、USB PDは充電供給規格なので、イコールではないのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

開封の儀

IMG_20180909_094626

まずは、「【Trocent】PD USB充電器 急速 ACアダプター QC3.0 搭載 USB Type-C Power Delivery 3.0 急速充電器 2ポート 29W USBコンセント 折畳式プラグ iPhone X/iPhone8/8 Plus/iPad pro/Macbook/タブレットなどに対応」(1,680円)から。

IMG_20180909_094629

背面はこのような感じ。

IMG_20180909_094644

開封すると、ACアダプター本体がそのまま入っています。

IMG_20180909_094656

ビニールを取りました。USB Type-A端子は、5V/2.45となっており、もう一方が、USB PD規格(USB Type-C端子)となっています。

IMG_20180909_094653

電源コンセント側。折りたたみができるタイプ。持ち運び、携帯に便利です。

IMG_20180909_094711

PDが2つのACアダプターを探しましたが、そのような商品は現在販売はされていないようです。

IMG_20180909_094730

側面。コンパクトです。

IMG_20180909_094733

斜めから。

IMG_20180909_094737

正面から。

IMG_20180909_094749

ModelはPD-01、インプット、アウトプットが記載されています。PD規格に準拠、各規格系の表示があります。

IMG_20180909_134846

つづいて、「Omars USB C急速充電器「PSE認証済」29W PD3.0 急速充電対応 小型チャージャー (c to c ケーブル付き)iPhone X/8/8 Plus,Samsung Galaxy S9/S9Plus/S8/S8 Plus/ iPad/iPad pro/iPad mini/S7/S6,Macbook, Nexus 6P/5X, LG G5,Google Pixel 2 XL, Moto Z , HTC,Sony 等対応 2ポート)」(1,699円)です。

IMG_20180909_134852

ケーブル付きです。UBS-A、USB-C PD。

IMG_20180909_134856

USB-C PD CHARGERと記載があり表記が乱立していて混乱しますよね。

IMG_20180909_134919

開封しましょう。

IMG_20180909_134952

こちらは内容物が充実しています。ACアダプター本体とユーザーマニュアル、USB-C to Cケーブルが同梱しています。

IMG_20180909_135030ユーザーマニュアルは日本語表記です。

IMG_20180909_135025

FAQや注意事項などしっかりした内容となっています。

IMG_20180909_135050

omarsロゴ入りのケーブル。

IMG_20180909_135054

USB-Cケーブルを単体で購入すると、1,000円弱するので、お得なセットと言えるでしょう。

IMG_20180909_135100

本体。

IMG_20180909_135107

こちらも電源プラグが折りたたみ可能です。

IMG_20180909_135110

斜めより。

IMG_20180909_135121

USB-A側は5V/2.1Aと、Trocentより0.4A少なくなっています。後述しますが、この0.4Aの差が意外なところで影響がありました。下がUSB-C PD端子です。

IMG_20180909_135134

スイッチング電源アダプタと名称が書かれています。そんな名前なのね。型番はTC-084PA。各種ライセンス関係の表記があります。

IMG_20180909_135232

大きさを比べるとほぼ同じですが、Trocentが若干大きいようです。

IMG_20180909_135243

質感はOmarsの方がいいですね。

IMG_20180909_135249

とはいえ大きな差はないかな?

以上、開封の儀でした。

実際に使ってみた

所有するUSB-C端子の機器を充電してみました。結果は下表の通り。

Trocent(A/C) Omars(A/C)
Mate 10 Pro ○ / ◎ ○ / ◎
Nintendo Switch ○ / ○ △ / ○
Nintendo Switch Proコントローラー ○ / ○ × / ○
Lenovo Ideapad Miix 720 ○ / ○ × / ○

(左 / 右):左…Type-A側、右…Type-C、PD側
凡例:○…充電可、◎…急速充電可、△…充電はできないが利用可、×…充電不可

Type-C PD側は両方とも問題ない動作をしてくれました。一方、Type-A側の挙動が大きく違いました。Trocentは 5V/2.4A 、 Omarsは 5V/2.1A0.4Aの差が結果にも表れた形と言えるでしょう。

PD端子のみで利用するなら問題ありませんが、両方利用することを想定している場合は注意したいところです。

Omarsの付属している両端がUSB Type-Cのケーブルですが、端子部が少し甘いような気がします。すべての機器ではありませんが、例えばMiix 720にうまく接続できませんでした。少しだけ品質に不安があるかもしれません。

どっちを買う?

Type-C PD充電器を探して、2機種を購入しました。Trocentは1,680円、Omarsは1,899円ですが、Amazonで購入前に300円割引クーポンがあるため、実質1,599円。USB-Cケーブル付きなので、Omarsが断然お得!と言いたいところですが、Type-A端子側が、5V/2.1Aと電流が低いため注意が必要です。

個人的には、Trocentをオススメ品としたいと思います。両端がUSB-Cのケーブルは別途準備しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ