【レビュー】LINE ClovaのLINE電話とメッセージ機能を使ってみた

スポンサーリンク

IMG_20180710_153737

スマートスピーカーはAmazon Echo、Google Homeを中心に日本でも市場が盛り上がってきました。日本で利用者が多い、LINEもスマートスピーカーを販売しています。

定価8,400円のLINE Clova Friendsが、ハードオフで3,000円でたたき売りされていました。思わず買っちゃいました。LINE Clova Friends miniが5,400円で販売開始になった事を受けて値下げされたのでしょうか?

Amazon EchoとGoogle Homeとの比較も含めて見ていきましょう。

スポンサーリンク

開封の儀

IMG_20180710_153458

LINEのキャラクター、クマのブラウン。すっかりおなじみですよね。そう言えば、昔、LINEのテレビアニメがありましたよね。とてもシュールだったのを覚えています。

IMG_20180710_153503

背面はこのような感じ。

IMG_20180710_153538

ブラウンくんが出てきました。予想していたより縦長でした。下部にスピーカーがあるため上部に頭脳が詰まっているようです。

IMG_20180710_153552

本体の下に、簡単な使い方、呼びかけ方が書かれたシートが入っていました。これも定番ですよね。

IMG_20180710_153559

その下にはAC電源とmicroUSBケーブルが入っていました。

IMG_20180710_153618

呼びかけのサンプル例。もちろんコレで毛ではありません。どんどん成長していきます。

IMG_20180710_153635

クイックスタートガイド。

IMG_20180710_153644

起動方法、初期設定方法が書かれています。スマートフォンにアプリをインストールして設定を行います。

IMG_20180710_153720

本体を詳しく見ていきましょう。鼻もボタンになっています。

IMG_20180710_153724

下部には電源ボタンがついています。

IMG_20180710_153727

背面は上部にマイクオフボタン、Bluetoothボタン、音量ボタン、下部にmicroUSB端子があります。

IMG_20180710_153737

以上、開封の儀でした。

LINE Clovaを使ってみた

「Clova、今日の天気は?」などと呼びかけると答えてくれます。この辺は他のスマートスピーカーと同様です。スキルの数が少ないようで、ストレスを感じる事も多いですが、LINE Clovaだけを使っているならそれほど気にならないかも知れません。

LINE Clovaの特徴として、LINEで通話と、LINEのメッセージ交換が可能という点が上げられるでしょう。私は、70歳の母に簡単にLINE電話ができるように、とプレゼントしました。

LINE電話

LINE Clovaに自分のLINEアカウントを登録すると、そのアカウントでLINE電話が可能です。かかってきたLINE電話はスマホとLINE Clovaでコールされるので、LINE Clovaで出るとそのまま通話できます。

発信はあらかじめ相手のLINEアカウントと呼び方を登録します。「Clova、ママに電話して。」と言った具合で電話をかけられます。呼び方はLINEアカウントとは別に自由に設定できます。

LINE電話は使いやすいと感じました。

LINEメッセージ

LINE Clova用に新たに専用LINEアカウントを作成し、LINE Clovaに登録しメッセージ交換を行います。普段使っているLINEアカウントを登録できません。この点はイメージしていた使い方と違いました。

届いたメッセージは音と光りで知らせてくれますが、聞かれずに00放置。なんてこともよくあります。また送信するメッセージは淡泊なものになりがちなので、LINE Clovaで送っているからその辺、理解してね!と分かってもらえる(かも)ために、専用アカウントを準備する仕様になっているのかもしれません。

LINEメッセージ交換は、届いたメッセージは読み上げてくれます。送るときは電話と同じくあらかじめ相手のLINEアカウントと呼び名を登録しておいて、「Clova、ママにメッセージを送って。」と話しかけてメッセージを送ることができます。

LINEメッセージ交換は普段のLINEアカウントを登録できないため、限定した使い方になりそうです。

LINE ClovaのここがGood!

  • LINE電話ができる
  • かわいい

LINE電話をするためにLINE Clovaを購入してもいいと思います。ハンズフリーで呼びかけだけで電話をかけられるのは便利です。

LINE Clovaのここがうーん

  • LINEメッセージは専用アカウントでのやり取り
  • スキルが少ない

LINEメッセージの仕様が予想していたものと違っていてガッカリでした。この機能を目的に購入を検討している方はご注意ください。

さいごに

スマートスピーカーは、Google Home、Amazon Echo、LINE Clovaの3機種を利用しています。Google Play Musicを契約しているため、Google Homeの利用が多いですが、AmazonやLINEの音楽サービスに契約している人は、そのスピーカーを購入するといいと思います。

LINE Clovaはスキルの少なさは色んな所で言われているため、期待していなかった分、評価対象となりませんでした。価格が安くLINE電話ができれば十分と思いました。

今回ご紹介した、LINE Clovaは中古で3,000円で購入しましたが、定価は8,640円です。現在は、LINE Clova miniが5,400円で発売されているので、LINE電話だけをメイン利用するなら、こちらを購入しても良いかもしれません。

LINE Clova公式サイト
Clovaは、LINEが開発したAIアシスタントです。Clova FriendsやClova WAVEなどの対応製品とつながることで、音声リクエストを認識・分析をして、あなたのリクエストに応えます。Clovaは、あなたのそばで、あなたのニーズに役立つアシスタントとして、毎日の生活を支えていきます。
ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ