【レビュー】MOLESKINEにそっくりなAmazonベーシック クラシックノートブックを使ってみた

スポンサーリンク

IMG_20180609_180441

ビジネスで打合せ時にノートPCやタブレットでメモを取る人が多くなりましたが、未だに「ノートでなければ…」という人も、まだまだいるのも事実です。

そんな私も、ずーーーっとノートPCにメモを書く派でしたがノートに戻りました。理由は、パソコンやタブレットでキーボードで打つ文章と、ノートに書くこととで脳みその感じ方が違うと思うから。です。

あくまで個人的な感想であり、なんの根拠もありませんが、「書く」と頭に入りやすいし考えが整理しやすく、次にやるべき事がイメージしやすくなります。そして記憶にもよく残ります。

そういう意味で、iPad Proもしくは、iPad (2018)の購入を考えましたが、今回はノートに戻る事にしました。以前は大学ノートを利用しており、だいたい1ヶ月に1冊使い切っていました。ノートを買い替える面倒もありますが、数カ月前のメモを確認したい場合、机から引っ張り出す面倒があります。

そこで、ページ数の多いノートが欲しくなるわけで、思い当たるのが、「モレスキン」でしょう。ページ数が多く長持ちするし、ハードカバーだと耐久性もあり、安心です。書くことが楽しくなります。

でもモレスキンって高いのです。スタンダードな、「PLAIN NOTEBOOK 無地 240ページ サイズ:13x21cm」はAmazonで直輸入品の最安値でも約1,800円もします。これではさすがに手が出ません。

前置きが長くなりましたが、代替品として強い味方となるのが、今回ご紹介する、「Amazonベーシック クラシックノートブック Lサイズ 無地」です。価格は驚きの、403円です!!4分の1以下の価格です。安すぎるでしょう!!

もちろん、価格差だけの品質の差があるのは百も承知です。今回は、実際に購入から約1ヶ月間使ってみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

開封の儀

IMG_20180609_180210

今回は一気に3冊も購入しちゃいました。3冊買っても、モレスキンの価格にぜんぜん達していません。すごいコスパの高さ。

IMG_20180609_180224

それでは詳しく見ていきましょう。Amazonベーシックとなります。各国の言語で説明が書かれています。

IMG_20180609_180228

背面。中国製のようです。

IMG_20180609_180441

ビニールカバーを取り外しました。

IMG_20180609_180449

ゴムバンドがあり、ハードカバーです。パッと見た目はモレスキンそのまんまです。

IMG_20180609_180452

見た目はモレスキンで品質も問題無い…と思ったら、購入直後なのに、角にシワが。まったく使用に問題無いレベルですが、買ってすぐにこれはへこみます。

IMG_20180609_180500

MOLESKINEではなく、amazon basicとエンボス加工されています。

IMG_20180609_180517

紙の材質が若干ざらつきがあり品質は低く感じますが、単体で見れば、まったく問題のないレベルといえます。

IMG_20180609_180540

このようにMOLESKINEと同様に完全に見開けませんが、これも許容範囲。どうしも我慢ならない人は、MOLESKINEを買いましょう。

IMG_20180609_180550

ポケットだってちゃんとあります。

IMG_20180610_113908

紙が若干薄いかも?と考えながらよく見ると……。

IMG_20180610_113912

このようなページがありました。いやこれは返品レベルの品質ですね。ちゃんと裁断されずに織り込まれてしまっていました。っていうか、どういう状態でしょうか?(笑)

ひとぅ
ひとぅ

ブロガー的には、美味しい状態とはこのことです。

使用に大きな支障はきたさないので、返品せず、そのまま使いましたよ〜。

紙の品質の悪さ、厚さが足りず裏移りするかも?という感じはありましたが、大きな問題はありませんでした。4分の1以下の価格ならば満足と言えるでしょう。

約1ヶ月使ってみた感想

実際に1ヶ月間、仕事で使ってみました。

  • ハードカバーは角が若干外れたが大きな問題なし
  • 油性のペンだと多少、裏移りする
  • 紙の品質は悪くはなくむしろ書きやすい

240ページ無地、21cmあるノートで、罫線に縛られること無く自由に書くことができました。ノートの品質に大きな欠点は見受けられず、快適に利用できました。

403円だけの価値は十分にあると言って良いでしょう。

Amazonベーシック クラシックノートブックのここがGood!

  • 240ページ、ハードカバーでとても使いやすい
  • ノートに高級感がある
  • 403円とコスパが高い

1冊403円のノートといえば決して安くはないですが、ハードカバーと240ページものボリュームはコスパが非常に高いです。作業用に使うならばもってこいといえます。

Amazonベーシック クラシックノートブックのここがうーん

  • ページの裁断ができない事があるなど、品質に若干の不安がある
  • 某ノートにあまりも似すぎている

品質面で大きな不満点はありませんでしたが、それでもページが変になっていたり、裁断に失敗があっても見過ごされるチェック体制だったり品質に若干の不安があります。また、某ノートにあまりにもそっくりです。もう少しオリジナリティを出してもいいのでは無いかと思います。

さいごに

いかがでしたか?個人的にはCreativeな作業をするなら、MOLESKINEがいいでしょう。長期保管が目的なら歴史と品質に絶大な信頼があるものを購入したいものです。

一方、仕事で利用するメモなどワーク場所として使うものならば、Amazonベーシック クラシックノートブックで十分だと思います。

気になる方はチェックしてくださいね。

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ