【レビュー】野菜鮮度を保つ魔法のアイテム?「ベジシャキちゃん」を使ってみた

スポンサーリンク

P_20180223_183556_vHDR_Auto.jpg

ずいぶん前の話ですが、昨年11月18日に放送された便利グッズが気になり、すぐにAmazonで探してみるとすでに売り切れ。当日中に購入したのですが、実際に届いたのは約1ヶ月後。

ひとぅ
ひとぅ

恐るべしNHK!!

テレビの影響力を実感した瞬間でした。現在は在庫が復活しているようなので、この記事を読んで欲しくなった方は、以下のリンクから即購入しちゃってくださいね!!(笑)

その、人気爆発の便利アイテムとは、コジット 野菜の鮮度を保つ ベジシャキちゃん 2個組(540円)です。

キャベツやレタスなど芯につまようじを3本ほど刺しておくと、野菜の成長スピードを抑え、野菜の鮮度をキープできるという原理を利用したアイテムで、「刺しやすくした」というものです。

遅くなりましたが今回はベジシャキちゃんをご紹介します!!

スポンサーリンク

開封の儀

P_20180223_183355_vHDR_Auto.jpg

葉野菜は価格が乱高下するので、高騰しているときは少しでも新鮮な状態で使い切りたいですよね。

P_20180223_183439_vHDR_Auto.jpg

パッケージはこんな感じ。かわいいベジシャキちゃんが2個セットです。

P_20180223_183443_vHDR_Auto.jpg

背面には説明が書かれています。「刺すだけ簡単!野菜長持ち!」とのこと。

P_20180223_183501_vHDR_Auto.jpg

手に取るとこんな感じ。かわいい顔してます。

P_20180223_183508_vHDR_Auto.jpg

斜めから見たところ。3本の串が出ています。

P_20180223_183525_vHDR_Auto.jpg

このレタスに刺してみます。

P_20180223_183537_vHDR_Auto.jpg

ブスッ!と芯に刺します。

ひとぅ
ひとぅ

芯が硬い場合でも、頭の部分を手のひらで抑えることができるので、安全に力を掛けられます。このアイテム最大のメリット・ポイントです。

P_20180223_183546_vHDR_Auto.jpg

このように刺しすだけ。この状態で冷蔵庫に保管するだけでOKです。何も難しいことはありません。

P_20180223_183553_vHDR_Auto.jpg

野菜全体でひとつの動物のようにも見えて、愛着が沸きますね。

約2週間ほど野菜の鮮度が保たれていました。嫁が言うにはベジシャキちゃんを使わないときよりも明らかに鮮度が継続した。とのことです。

もちろん、ベジシャキちゃんでなくても、竹串でも代用可能です。

スポンサーリンク

ベジシャキちゃんのここがGood!

  • 野菜の鮮度が長持ちする
  • 芯が硬くても、頭を手のひら全体で力をかけて刺せるので安全
  • かわいい

野菜の鮮度を長く保つことができます。頭が丸いのは芯に刺すときに力を掛けやすい工夫。かわいいだけで無く、工夫されているんですね。

ベジシャキちゃんのここがうーん

  • ベジシャキちゃんでなくても竹串でも代用可能
  • 3つ以上の野菜で同時に使う場合、追加投資が必要

これを言っちゃあ元も子もありませんが、竹串でも代用可能です。あと2つセットでお得感はありますが、よく考えたら、3つ以上の野菜で同時に使うときは追加投資が必要ですね。

さいごに

野菜の鮮度を保つコツは、野菜の芯に3本ほどつまようじや竹串を刺す。の応用版アイテムが、このベジシャキちゃんです。無くても困らないけれど、あれば安全に簡単に野菜の芯に刺すことができるというものになります。

気になる方はチェックしてくださいね。

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ