adiaryでエントリーした記事をリビジョン管理

この記事がおもしろかったらシェアしてね

adiaryはリビジョン管理ができません。できたらいいな。という独り言でした。すみません。tp207_happy02

リビジョン管理(世代管理、バージョン管理)はWikiシステムでは一般的ですね。最近ではWordPressがリビジョン管理機能を搭載しIDを大量に消費しデータベースを肥大化すると否定的な意見もありますが、複数人数で編集している場合や間違って編集してしまった場合に前のリビジョンに戻せるというのは便利、という方がいるのも事実です。

adiaryでは、Ver2.04時点でリビジョン管理はありませんが、Wiki機能が搭載されているという点で私のサイト、「ITメモのように、まとめWikiのように使われている方もおられると思います。Wikiでは同じページを何度も情報を更新するということが多いので、リビジョン管理はしたくなります。

「あ?間違って文字を書き換えちゃった。前の文字は何だっけ?」という事になりかねない。と、言うことで「人力リビジョン管理機能」のご紹介です。

記事を編集する際に、古い記事を記事ボックス内でコピーして複製します。そして複製された二つ目の記事を「<!–?–>」でくくれば完了。

要は古い記事をコメントアウトして残しておくだけなのですが、このコメントアウト部分は実際のページには表示されないようなので安心です。

心配性のあなたにお勧めの機能です。(何だか半分冗談の記事です。すんません。tp199_coldsweats01

でも私は心配性なのでリビジョン管理は賛成派です。将来、adairyにリビジョン管理機能が搭載されたら(ON/OFF選択可で)嬉しいなと思っています。(WordPressみたいにID番号を消費されると困りますが。)

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


コメント

  1. nabe より:

    ID消費しなきゃちょっと無理(笑)
    次期メジャー(?)バージョンをどう仕上げるかなんですが、難しいですね。CMS的な要素ももうちょっと強化したいし。ようするにまだ纏まってないのでご意見は歓迎です。

  2. ひとぅ より:

    nabeさん、コメントありがとうございます。
    実はこの要望はMLに投稿しようかと思ったのですが、あまりにも突拍子もないことかな?と思い独り言をブログに書くことにしました。
    やっぱりID消費はそうなんですね。記事のIDって今500記事や!だとかモチベーションを継続させるいい材料になっているので、それとは別でリビジョン分の記事を保管できたらいいな、と思ったのでした。
    私意外にもご意見があると思うので、次期メジャー用のご意見箱みたいなのがあれば面白いかも知れませんね。(MLでスレッドを作るか、ですね。)

Highslide for Wordpress Plugin