【レビュー】Google Homeが我が家にやってきた!こんなことができる!こんなことができない!の感想など

この記事がおもしろかったらシェアしてね

P_20171027_205403_vHDR_Auto.jpg

我が家にGoogle Homeがやってきました。10月6日発売になったばかりの新商品。

お値段は14,000円(税別)とそこそこのお値段ですが、ビックカメラで、Chromecastとのセットで14,000円や2個セットで20,000円などお得なセール中。

Google Homeの通販はビックカメラ.com、声で便利にスマートスピーカー、あなただけのGoogleアシスタントで、生活がより便利に快適になります。

eo光ネット利用ユーザー限定で4,200円引きの9,800円のセールを開催中。新規加入ユーザーはもちろん、既存ユーザーも対象なのがeoさんありがとう!!

さらに、eoプレミアム会員のeoチケットを所有していれば、1枚使用しさらに3,000円引きの6,800円に。発送手数料600円が別途必要ですが、7,992円(税込み)と格安でゲットできます。eoチケットは利用年数によって進呈されるチケットです。既存ユーザーを大切にするeoさん!さすがです。

ついに日本上陸!Google Home 販売開始!

今回は、そんなGoogle Homeを使ってみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

開封の儀

P_20171027_205028_vHDR_Auto.jpg

Google Homeのパッケージです。

P_20171027_205138_vHDR_Auto.jpg

サイド面に主な機能が書かれています。

P_20171027_205144_vHDR_Auto.jpg

「声で便利に」。「OK Google」で話しかけるといろんな事ができます。

P_20171027_205149_vHDR_Auto.jpg

いろんな事ができますが、できないことも多そうなのでいろいろと試してみようと思います。

P_20171027_205242_vHDR_Auto.jpg

上のカバーを取ると中からまた箱が出てきました。

P_20171027_205246_vHDR_Auto.jpg

タブが付いています。

P_20171027_205254_vHDR_Auto.jpg

引き上げるとGoogle Home本体が現れます。

P_20171027_205301_vHDR_Auto.jpg

本体の下に付属品が入っています。

P_20171027_205309_vHDR_Auto.jpg

ご利用方法など簡単な説明書が入っています。

P_20171027_205319_vHDR_Auto.jpg

その下にACアダプターが入っています。

P_20171027_205403_vHDR_Auto.jpg

内容物はGoogle Home本体、ACアダプター、スタートアップガイド、ご利用方法用紙、保証規定となっています。

P_20171027_205420_vHDR_Auto.jpg

専用ACアダプターはGoogleのGロゴが入ってます。

P_20171027_205424_vHDR_Auto.jpg

出力は16.5V/2Aとなっています。

P_20171027_205435_vHDR_Auto.jpg

ジャックは専用端子のためモバイルバッテリーなどからの給電は難しそうです。

P_20171027_205444_vHDR_Auto.jpg

こいつがGoogle Home本体。

P_20171027_205449_vHDR_Auto.jpg

斜めから見ると本体上部が斜めにカットされています。

P_20171027_205453_vHDR_Auto.jpg

背面に音声入力を止めるボタンと電源の状態を示すランプがあります。ここにもGロゴがあります。

P_20171027_205505_vHDR_Auto.jpg

上から見るとまん丸。両サイドがマイクかな?

P_20171027_205514_vHDR_Auto.jpg

底面はこのような感じ。ACアダプターの電源ケーブルを底に挿すのでスマートに設置できます。

以上、開封の儀でした。

Google Home を使ってみたファースインプレッション

初期設定はカンタンだけどいろいろなサービスへの紐付けがややこしい

初期設定は意外と大変でした。AndroidとiPhone用の専用アプリをダウンロード、インストールし、起動すると近くのGoogle Homeを探してくれ、初期設定が始まります。

私すでにGoogle Chromeを利用しているため、Googleアカウントの設定やWi-Fiパスワード入力などが必要ありませんでした。

ここまではカンタンでしたが、Google Play Music、Spotify、Netflixなどの連携がどこでどうすればいいのか? また、Chromecastが複数あった場合、どれを優先にするのか?を指定するのが分かりにくかったです。

Chromecastに機器に名前を付けて声で指定することもできるので、設定はさらに複雑になります。いろんな事に応用ができるような設計になっているため、説明が不自由分になっているのだと思いますが、もう少し工夫して欲しいです。

Google Homeができること

  • 天気予報を聞く
  • どうぶつの鳴き声を聞く
  • ニュースを聞く
  • ラジオ・FMを聴ける
  • タイマーをセットできる/解除できる
  • 近くのコンビニなどを探してくれる
  • Google Play Musicで歌手名、曲名はもちろん、プレイリストでも再生できる
  • ChromecastでYouTubeが再生できる、テレビを消せる

Google Homeができないこと

  • 明後日の天気は理解できない
  • メジャーなどうぶつでも鳴き声が聞けない事が多い
  • 近くのコンビニを探してくれても道順は分からない
  • ネット検索結果を話してくれない

Google Homeを使うコツ

  • 2017年10月時点でまだまだ理解できないことが多い
  • Android端末が近くにあると「OK,Google」に反応することがある
  • ”使えんな!”と切れると改善のため意見をどうぞ。と言ってくる
  • 「YouTubeで再生」と指示するとYouTube Musicと判断され日本でサービスインしてないため再生されない「ビデオを再生」というように指示しないとダメ
  • 利用者が何をどう言えば理解してくれるかを気づかいながら話しかける必要がある

利用者側が気を遣ってGoogle Homeが「これだったら分かるかな?」と気を遣う必要があるのは、Siriなどと同じストレスを感じます。まだまだ、「コマンド」の域を超えていないというのが本音です。

GoogleのAI、ディープラーニング技術で言葉を理解して、似た内容を集約し、分からないものは、ウェブなどの情報から自分で学習して回答できるようになったら……もう、便利というより、驚異かもしれません。

さいごに

いかがでしたか? eoのキャンペーンで安く手に入ったGoogle Home。これで10,000円前後なら適正価格だと思います。定価14,000円はちょっと高いかな?と感じました。スピーカーの音質は決して悪くなく音楽をリビングで普通に聞くに堪えられるレベルです。(決して高品質ではありませんが。)

想像していた機能ができて、想像していたことができなかった。というのが現時点での感想です。今後、利用者のデータが蓄積され、Google Home本体がアップデートしてどんどん賢くなっていくことを期待して、今回はGood、うーんな評価はやめておきました。

Cromecastと連携してNetflixやYouTubeを再生したり、テレビを消したりと少しだけですが、未来を感じる事ができました。興味がある方はチェックしてみてください。

Ask it questions. Tell it to do things. It's your own Google, always ready to help.
Google Homeの通販はビックカメラ.com、声で便利にスマートスピーカー、あなただけのGoogleアシスタントで、生活がより便利に快適になります。
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin