マクドナルドがサクラで行列を演出?

スポンサーリンク

大々的なキャンペーンと話題性作りで、注目を集めたハンバーガーのビーフパティ(牛肉部分)が従来の2.5倍になった新商品「クォーターパウンダー・チーズ」。23日、近畿先行販売が御堂筋周防町店でされ15000人以上も来店し1002万円も売り上げたとニュースでも話題になったところ。

今回の発覚は実に残念です。1000人ものモニターは明らかに多すぎるはず。アンケートが目的ならば、実際のお客さんに回答してもらうのが本来でその方法もいろいろあったはず。マクドナルドは私も大好きでよく利用していて、このお店もよくいくお店です。マクドナルドの話題性作りとして利用されたのは悲しいことです。

目くじらを立てるほどでは無い、という意見もあると思いますが、このモニターのせいで余分な時間並ばせられた人がいることや、モニターはお金をもらって食べているわけで、お金を払って本来より長い時間待たされた人にとっては腹立たしいことでしょう。

モニターを使った情報収集が悪いと言っているのではなく、明らかにやりすぎで一般の人に迷惑がかかっている状況と作為的な話題作りと受け取られる方法だったことが問題だったと思います。マクドナルド側にも問題がありますが、マーケティング会社にも問題に大きな問題があったと言えるでしょう。

でも、何でマーケティング会社から依頼された「フルキャスト」が公開されちゃってて、肝心のマーケティング会社がどこか公開されていないのかな??

企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ