【レビュー】タニタの体重・体組成計 BC-314は50g単位で体重を測定できるよ!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

https://farm5.staticflickr.com/4259/34704681424_f149e11125_z.jpg

我が家では約5年前に購入したWiFi Body Scale WBS01 愛用しています。購入当時の興奮を書き残した記事が懐かしいですね。(笑)

IMG_3081 8月下旬に71.2キロだった私が約4ヶ月で8キロの減量に成功した、@hitoxuです。ちなみに現在は、63キロを行ったり来...

先日、突然故障してしまいました。測定結果が常に2キロほど多く測定されてしまうのです。気がつけばインターネット連携も失敗してデータが途切れてしまっていたので、データ連係をしない体重計を使ってみることにしました。

今回購入したのは、「タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-314-WH」(3,979円)。Amazonで人気No.1の体重計です。

Amazonでジャンルナンバーワンの商品って意外とハズレがないので信用して買っちゃいますよね?私はよく買っちゃいます〜。

スポンサーリンク

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 BC-314の特徴

開封の前に商品の特徴を見ておきましょう。体重計なんてどれも大きな差はないと思いますが、このBC-314は中でも特徴的な仕様が目を引きます。

  • 50g単位で測定可能
  • 27mmの薄さで乗りやすい
  • 本体サイズ 幅316mm×高さ27mm×奥行217mmとコンパクト
  • 縦置きOK(測定時自動補正)
  • 乗るだけで登録された人を判別&記録
  • 体重の他、体脂肪率(6?99才)、MBI(6?99才)、内脂肪レベル(18?99才)、筋肉量(6?99才)、基礎代謝量(18?99才)、体内年齢(18?99才)、推定骨量(6?99才)が測定可能

縦置き収納をされる人も多いと思いますが、実は体重計に取って縦置きは過酷な条件なのです。正しい測定ができない場合も多いようです。補正機能があるので安心です。

乗るだけで登録された人を判別するのは、WiFi Body Scaleにも搭載されていました。BC-314ではネットやスマホに接続し外部機器への記録などの機能は一切ありません。この潔さが逆に気持ちがいいといえるでしょう。

体重の他にも測定できる項目が多いのも特徴です。ただし結果表示されるのは、18歳以上の項目も多いので子供さんの利用が多い場合は注意しましょう。

何といっても本体がコンパクト&スリムなのがいいですよね。意外と洗面所は保管スペースがないものです。

開封の儀

https://farm5.staticflickr.com/4255/34704662584_856a5d2f16_z.jpg

タニタの体重計。我が家では2台目。体重計をレビューする頻度は結構高かったりするのです。体組成計、乗るピタ、50g単位、マイサポ機能がウリのポイントですね!

https://farm5.staticflickr.com/4257/34704665174_2cd660c487_z.jpg

背面にはいろいろと特徴が書かれています。日本の製品は店頭で選んでもらうために細かく説明や解説を書きますよね。

https://farm5.staticflickr.com/4259/34704672504_48c53aa792_z.jpg

開封します〜。

https://farm5.staticflickr.com/4259/34704675214_bbf1e5842d_z.jpg

内容物は体重計本体、取扱説明書、単四乾電池4本。以上です。

https://farm5.staticflickr.com/4207/34704679344_b9d43d5bbc_z.jpg

単四乾電池はテスト用電池だと思いますが見たことが無いメーカー製です。タニタさん。ここは日本メーカーの乾電池を入れましょうよ。

Amazonで調べてみると売っていました。1,200本で12,000円(送料別途200円)。1本10円ですね。安いですね。

https://farm5.staticflickr.com/4259/34704681424_f149e11125_z.jpg

人気の体重計、BC-314です。縦方向が短くてとてもコンパクト。洗面所に出しっぱなしにしていても邪魔にならない大きさ。

https://farm5.staticflickr.com/4283/34704682844_40d0d7be95_z.jpg

しかし!!左下のセンサーに傷が。こすってみましたが取れませんでした。すぐに汚れるものなので、動作に問題なければ構わないのですが、日本製の体重計でこの傷はちょっとだけショックでした。

https://farm5.staticflickr.com/4256/34704683944_662d5ab358_z.jpg

角はエッジが効いていてデザインもいいですね。

https://farm5.staticflickr.com/4278/34704684734_19551d8725_z.jpg

表側。中央に大きな液晶ディスプレイがあり体重などを確認しやすいです。また、ボタンも大きく押しやすいです。タッチ式で打鍵感はありません。

https://farm5.staticflickr.com/4264/34704685694_8208465f84_z.jpg

裏側。4つの足がとても重要です。タニタでも柔らかいじゅうたんや畳の上では正しい体重を測定できません。フローリングなど堅い床の上で測定する必要があります。

https://farm5.staticflickr.com/4285/34704686994_efc598bfa4_z.jpg

表面はガラスになっていてオシャレ。

https://farm5.staticflickr.com/4214/34704687314_d15f7a3ed9_z.jpg

操作部。日本語で分かりやすいですね。

https://farm5.staticflickr.com/4208/34704688394_db65cb030f_z.jpg

乾電池を入れましょう。

https://farm5.staticflickr.com/4205/34704689364_2e99d8c0ca_z.jpg

見たことが無いkendal 単四電池を4本セットします。

https://farm5.staticflickr.com/4218/34704690474_f6873ce133_z.jpg

まずは説明書に従いまずは住んでいる地域をセットします。緯度の関係で精度に差がでるのかな?

https://farm5.staticflickr.com/4289/34704690914_8bee8ac9ae_z.jpg

日付や時刻を登録します。5人まで設定を登録できます。誕生日と性別、身長を入力します。

https://farm5.staticflickr.com/4258/34704691824_ac31e391a0_z.jpg

体重計に乗ると、約3秒ほどで測定完了。体重の他、体脂肪率、MBI、内脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量が順番に表示されます。

マイサポ機能では毎日測定すれば、笑顔が表示されます。そんな楽しい機能がありますが、ネットなど外部へのデータ連係は一切ありません。

シンプルに速く測定することができる体重計です。人気が高いのも納得です。

タニタ 体重・体組成計 BC-314のここがGood!

  • 体重が50g単位で測定可能
  • 測定時間が早い(約3秒)
  • 縦方向がコンパクト

体重・体組成計の機能は文句無し。50g単位で測定できたり計測時間が短いのがGoodですね。大きさもコンパクトです。

タニタ 体重・体組成計 BC-314のここがうーん

  • 他の機器に情報連携がない

購入前は必要無いと思っていましたが、やはり他の機器へ情報連携できたらいいな、と思いました。

さいごに

いかがでしたか? タニタの体重計でAmazonで人気No.1なので間違い無い体重計・体組成計であるのは間違いありません。デザイン、機能とも不満点はありません。

他の機器への情報連携が不要な方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin