【レビュー】封筒をキレイに開封しよう!オート セラミック刃オープナー CLO-500

この記事がおもしろかったらシェアしてね

https://farm5.staticflickr.com/4252/34876529316_cf22da2ab7_z.jpg

めんどくさがり屋で照れ屋の私。封書なんかはビリビリっと開けちゃうのですが、保管しておく必要がある書類だったりすると切れ口がビリビリの状態の封筒をそのまま使っていたりと不格好な事もよくあります。

ハサミでていねいに切る人がいますが、あまのじゃくな私は、何となく欲しいと思っていた「オート レターオープナー CLO-500クロ」(444円)を使ってみることにしました。

スポンサーリンク

開封の儀

https://farm5.staticflickr.com/4273/34876530926_116f1a7728_z.jpg

生まれて初めて購入した、レターオープナー。OHTOというメーカーです。聞いたこと無いなぁ。なんとセラミック製で、左側から、右側からも使えます。切れ味が長持ちしそうです。

https://farm5.staticflickr.com/4228/34876531346_09498067f8_z.jpg

裏面に使い方が書かれています。セラミック刃のため5,000枚と金属刃の約5倍長持ちなんだとか。独自構造でなんと切りくずが出ないと言います。

開封の仕方は封筒の隅を挟みつつサッと本体を動かすとのこと。説明を見るよりも実際に使ってみた方が恐らく簡単です。

https://farm5.staticflickr.com/4197/34876532286_5b4a43f0ba_z.jpg

本体を詳しく見ていきましょう。本体には「CERAMIC LETER OPNER」と書かれています。CenterとかLeftとか書いてあるのかと思いましたがよくみると商品名でした。ココに書く必要ある?

https://farm5.staticflickr.com/4199/34876532946_ea79c8703a_z.jpg

本体の上部に封筒を挟み込む溝があり、中央にセラミック刃がついています。刃は内部にあるためけがをする危険性はほとんどありません。左右どちらでも使えます。

中央には親指を当てる窪みもあり、滑りにくく持ちやすいデザインとなっています。

https://farm5.staticflickr.com/4224/34876533636_82381b38ef_z.jpg

背面にはストラップホールがありました。

https://farm5.staticflickr.com/4244/34876535226_c7979d7d60_z.jpg

封筒に挟み込んでサッと本体を動かすと切れます。

https://farm5.staticflickr.com/4226/34876535796_5ff61e47aa_z.jpg

この封筒を実際に切ってみると……。

https://farm5.staticflickr.com/4247/34876536806_e7beecd9fa_z.jpg

何と反対側が切れました。刃は下にへこむ構造になっているようで本体を上にセットした場合、後ろ側(下側)が切れます。この点はちょっと慣れが必要かも。

以上、開封の儀でした。

オート レターオープナー CLO-500のここがGood!

  • セラミック刃で5,000枚も切れ味が持続
  • 刃が内側にあるため安全
  • 紙くずがでない
  • 444円と安価

安価で切れ味がいいオープナーです。紙くずが出ない独自構造というのもいいですね。一つ買っておくと長く使えそうです。

オート レターオープナー CLO-500のここがうーん

  • 本体が軽く意外と切るのが難しい
  • 本体の裏側が切れる

初めて使ったと言うこともあるのかもしれませんが、本体の反対側が切れるのはちょっと不思議でした。操作も意外と難しく慣れが必要かもしれません。

さいごに

封筒を開けることは普段あまりないので、次に使う時にオープナー本体が見つからない。なんてことになるような気もしますが、仕事でよく開封することがある方ははさみやカッターより安全で便利だと思います。

ひとつ置いておけば、長く使えそうですし、安価なので気になる方は購入しておいてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
【レビュー】封筒をキレイに開封しよう!オート セラミック刃オープナー CLO-500
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

Highslide for Wordpress Plugin