今年の漢字は「変」

スポンサーリンク

いろんなブログで紹介されていると思いますが、私もこの話題に触れておきたいと思います。

日本漢字能力検定協会(本部・京都市下京区)が全国公募した「今年の漢字」が12日、京都市東山区の清水寺で発表されました。今年の漢字は「変」に決定。混沌とした暗い話題が多い昨今、それを象徴する文字ばかり選ばれています。

特に今年は世界大恐慌へ突入しました。これから世界は変化を始めるのだろう。という事を表していますね。先日発表された流行語大賞よりもこちらのほうが納得感があります。

さて、せっかくなので(何が!?)、私も今年一年を漢字一文字で考えてみました。

「不」

明るい漢字を選びたかったのですが、今の日本の状況はこれで表せるでしょう。不況、不振、不信、不満。何につけこの文字がつきまとっています。

来年はこの「不」を払拭できるよう、みんなで力を合わせて来年は明るい文字が選ばれるようにしたいものですね。

雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ