【今更】iOS 10とmacOS 10.12 Sierraにアップデートしてみた→iOS 9のキーボード音が好きだったので録音しておいた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Untitled

2016年9月にリリースされた、iOS 10とmacOS 10.12 Sierra。しばらく様子見をしていましたが私が使っているアプリや環境では致命的な問題がなさそうなので、アップデートすることにしました。

スポンサーリンク

iOS 9 → iOS 10 アップデート時の留意点

iOS 9からiOS 10にアップデートする際に気にした点は以下の3点でした。

  • 利用しているアプリが動かなくなるのではないか?
  • ホームボタンを押してロック解除が面倒ではないか?
  • キーボード音が変わってしまうので慣れないのではないか?

一番困るのが普段利用しているアプリが利用できなくなる事です。(最優先事項)リリース前後にiOS 10への対応アップデートがあったため主要アプリはすでに対応済みでした。また、これまでのiOSアップデート後にあった、アプリ起動後にすぐに落ちるというアプリも今のところ遭遇していません。

ホームボタンを押してロック解除する点も危惧に終わりました。iPhone SEの私はこれまでも、まっ暗スリープ状態のiPhoneから画面を確認する時は電源ボタンではなく、ホームボタンを押していたからです。

設定で以前のホームボタンを幼くてもロック解除する方法に戻す事が可能です。気になる方は設定をするといいでしょう。

iOS10は今までで一番大きなOSの進化ということだったのでとりあえず今回はアップデートを早めにしてみました。&

各OSの新機能はいろんなブログで紹介されているので割愛させていただくとして、このブログではiOS 9からiOS 10で最大の変更といっても過言ではない、「キーボード音」について注目したいと思います。

iOS 9までのキーボード音が心地よかったので、変わってしまうのはさみしい気持ちがあったのですが、数時間触っていると慣れました。人間、慣れるものですね。

ちなみに電源ボタンを押したときのロック音も変わっています。これもはじめは違和感がありましたがすぐに慣れました。(笑)こうしてiPHone 7のホームボタンもすぐに慣れちゃいそうな気がします。(私はiPhone SEですけどね!)

OS X v10.11 El Capitan → macOS Sierra v10.12 アップデート時の留意点

  • 利用しているアプリが動かなくなるのではないか?
  • MacBook Proが重くならないか?

macOS SierraでKarabinerが非対応で現在対応中であることを把握済み。親指シフターの私は死活問題ですが、Lacaille+orzレイアウトを利用することで回避しました。もう一つあって、マウスのホイールで進む、戻るをKarabinerで設定していましたが、これは諦めました。Karabinerの対応を待ちたいと思います。

JIS日本語キーボードでも親指シフトを楽チンに
【TIPS】Mac非対応のロジクール「M545」のチルトホイール左右ボタンに「戻る」「進む」を割り付ける方法
ロジクールワイヤレスマウス「M545」は、シンプルなデザインでコストパフォーマンスに優れた製品です。チルトホイールの左右ボタンや左サイド...

ScanSnapも一部対応していない機能もありましたが、ScanSnap Cloudしか使っていないため問題なし。対応後、MacBook Proにインストールしようと思います。

新しいOSになると動作が遅くなる懸念もありましたが、愛機MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)ではアップデート後も特にもっさりしたという感じはありません。

と、言うか新機能を把握していないためか、変わった点をほとんど感じません。アップデートしなくてもよかったかもしれませんね。

iOS 9とiOS 10のキーボード音を比べてみた

iOS 9のキーボード音、フリック音が心地よかったと思うのは私だけでしょうか? Androidのキーボードの音よりも何となく軽快に感じたものです。iOS 10になり乾いた軽い木琴のような音に変更になりました。

長年聞いていたキーボード音(フリック音)の変更は、はじめは違和感がありましたが数時間で慣れちゃいました。iOS 9までのキーボード音を忘れないように、ビデオに録画しておきました。

iOS 9のフリック音が懐かしくなったらいつでも再生すれば思い出にふけることができますね!!(笑)

さいごに

iOS 10やmacOS Sierraの新機能に関する記事を今更書いても需要がないので、アップデート前に抱いていた懸念事項と、アップデート後の感想についてご紹介しました。

Apple製品は大胆に新機能を導入し、賛否両論があることがよくありますが、すぐにその変化に慣れてしまう自分がいつもそこにいます。変化への過程がうまいのです。

「アップル信者」という層だけではなく一般、ライトユーザーもiOSのアップデートを積極的にしている点は注目すべき点であり、それに順応している事実があります。ここにAppleのスゴさがあります。変化を変化と感じさせず浸透させるうまさがあります。

今回もいろいろと危惧をしていましたが無駄に終わりました。アプリも特に問題なく動作しています。新しい機能の恩恵を受けさせていただこうと思います。

スポンサーリンク
【今更】iOS 10とmacOS 10.12 Sierraにアップデートしてみた→iOS 9のキーボード音が好きだったので録音しておいた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin