【レビュー】人気No1のTrancendのSDカード(24日限定セール中)とSamsung microSDカードを買って速度テストをしてみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

本記事は9月23日に公開しましたが、23日限定で、SamsungのmicroSDカードがセールでしたが、何と24日限定で、TrascendのTS32GSDHC10U1E (FFP)が540円引きの1,380円とセールを実施中です!!この機会にゲットしちゃいましょう!!(私はパッケージ版を購入しましたが、Amazonへのリンクは間違わないようにFFP版としました。)

デジカメ用のSDカードは現在、東芝のFlashAirを愛用していました。それまで使っていたEye-Fiがクラウドへ自動同期機能を停止するため、FlashAirでの運用を始めたため。

この運用については過去に記事を書いているので興味がある方はぜひこちらも読んでみてください。

【TIPS】Eye-Fi X2のFlickr自動転送を捨ててFlashAirでなるべく最小限の手間でFlickrへアップロードする方法を構築してみた
2016年7月6日にEye-Fi X2の公式サポートがついに終了し、今動作している一部ウェブサービスも9月16日で終了してしまう事をブロ...

FlashAirをしばらく使ってみて気になったのが、速度の遅さ。Eye-Fiもそれほど速くなかったと思いますが自動と手動ではリアルに速度が気になります。転送速度が遅いため、結局、SDカードを直接、MacBook Proに挿してデータを転送することも多くなりました。

そうなるとただ単に速度の速いSDカードの方がいいわけで速度の速いSDカードが欲しくなりました。

また本日限定でAmazonプライム会員限定でSamsungのmicroSDカードも安くなっていたため衝動買いしてしまいました。きっとどこかで使えるもんね!

今日、購入したのは、「Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1」(1,845円)と「Samsung microSD カード 32GB EVO Class10 UHS-I対応 (最大転送速度48MB/s) MB-MP32DA/FFP」(1,064円)。

TranscendのSDカードはFFPがAmazonで人気No.1となっています。FFPを購入したつもりがパッケージ版を購入していました。価格差はなぜか5円だったので通常版でよかったかも。

Samsungは1,064円が9月23日限定で798円に。思わず買っちゃいましたよ。嫁の冷たい目線が痛い……。

スポンサーリンク

さくっと開封の儀

SDカードの開封は特に珍しくもなんともないのでサクッといきますね。最近はFFP版をチョイスすることが多かったので、久しぶりにパッケージ版を購入した気がします。やっぱりしっかりしていますね。

背面もしっかりと説明が書かれています。読まないんですけれどね。

開封すると内側にもぎっしり文字が。うむ、日本語がないため余計に読まないです。

結局これだけになりました。FFPでいいね、やっぱり。

64GBと悩みましたが、デジカメでの利用の場合は消失が怖いので定期的にNASにデータを逃がす運用をするため、32GBにしました。読み込みは90MB/sとあります。そんなに出るのかな?(後で測定します。)

裏側。

書き込み禁止スイッチ。久しぶりにSDカードをじっくり見た気がします。(笑)

続いて、SamsungのmicroSDカードを開封します。こっちはFFPにしましたよん。アダプタ付きとなります。

実は2つ買っちゃったのでした。ぐへへ。2つもどこで使うんでしょう?

ビリビリ〜と開けます。

中にはパッケージが入っています。

microSDをSDカードとして利用できるアダプタ付き。

32GBモデル。こちらは読み込みが48MB/sとあります。半分の速度ですが価格も半値以下なので、納得感はあります。

背面。

SDアダプタ。

裏側。

何やら説明の用紙が1枚入っていました。microSDカードの説明はこれだけでもじゅうぶんだと思います。

次回からやっぱりFFPを選ぼうっと。以上、開封の儀でした。

速度を計測してみた

90MB/sをうたうTranscendのSDカードと、48MB/sをうたうSamsungのmicroSDカードの速度を計測してみましょう。

参考までに、東芝FlashAir IIIとEye-Fi X2も測定してみました。

Transcend TS32GSDHC10U1

READ 87.2MB/s、WRITE 36.4MB/s。読み込みはダントツの速さを誇ります。書き込み速度は最上位のSDカードには及びませんが、私が使うRX100M2でJPEG撮影する分にはじゅうぶんな速度といえます。

MacBook Proへ画像転送する速度が劇的に速くなりました。FlashAirでデータ転送するより毎回、SDカードリーダーに挿して転送する方がストレスが少なさそうです。

Samsung MB-MP32DA

READ 43.9MB/s、WRITE 25.0MB/sという結果でした。ほぼ仕様通りの速度が出ています。スマホ利用だとこの速度で何ら不満はないでしょう。

Transcend TS32GSDHC10U1のだいたい半額なので半分の速度ということでしょうか。9月23日はセールで798円です。この価格ならコスパ最高で大満足と言えそうです。

Eye-Fi X2

READ 19.3MB/s、WRITE 17.3MB/s。Wi-Fiでデータ転送を前提に設計されたSDカードのためか、SDカードの基本性能は低い結果になりました。自動転送されるならばこの速度でも特に問題はありませんでした。

東芝 FlashAIr III

READ 18.1MB/s、WRITE 11.0MB/s。何となく遅いなー、と感じていましたが何とEye-Fiよりも遅いという結果に。普通のSDカードとして利用するには耐えがたいレベルと言えそうです。

デジカメの写真撮影、Wi-Fiでの転送として利用をする事は今後なさそうなので、他の活用法を考えようと思います。(涙)

さいごに

さすがは人気No.1のTranscend TS32GSDHC10U1は速度も速くコストパフォーマンスに優れています。SDカードを買うならこのカードをチョイスしておけば、後悔することはなさそうです。

microSDカードはいろんな種類が発売されており悩みますが、Samsung MB-MP32DAは1,000円程度で購入できるため損はしない商品と言えそうです。2016年9月23日はAmazonプライム会員限定で798円で購入できます。プライム会員の方は急いで!!(間に合うかな?)

久しぶりにSDカードで遊んだ一日でした。楽しかったぽ!!

スポンサーリンク
【レビュー】人気No1のTrancendのSDカード(24日限定セール中)とSamsung microSDカードを買って速度テストをしてみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin