【人柱レポ】LINEモバイルを申し込んでLINEで年齢認証をしてみたり本当に容量を消費ないか試してみたり速度を測定してみたりした

この記事がおもしろかったらシェアしてね

2016年9月5日に発表、2万回線限定で先行受付が開始された、LINEモバイル。国内最大のメッセージサービスのLINEが満を持して提供開始した、モバイルサービス。新しいもの好きの私はなんの悩みもなく気づけば、申込みが完了していました。(笑)

今回は、LINEモバイルの申込みから実際に使ってみた感想をご紹介します。LINEモバイルとは何ぞや?という方や、申し込もうか考え中の方など、参考にしていただければ幸いです。

LINEモバイルは、ヒトとヒト、ヒトとサービスの距離をもっと近づけるために私たちが考えた1つの答えです。価格の安さだけでなく、機能もイチオシのSIMフリースマホをご用意。
スポンサーリンク

LINEモバイルとは?

LINEが提供する格安SIMサービス。2016年10月1日よりサービス開始となります。9月5日に正式発表され、2万回線限定で先行受付をしています。

主な特徴は以下の通り。

  • LINEの格安SIMサービス(MVNO事業)
  • MVNEはNTTコミュニケーションズ
  • カウントフリーあり(LINE、Facebook、Twitte)
  • 申込時にデータプランであっても本人確認が必要
  • SMSなしでもLINEで年齢認証が可能

MVNE(MVNOに回線を提供する事業者)はNTTコミュニケーションズであると発表しています。NTTコミュニケーションズ自身もOCN モバイル ONEを提供する実績と信頼性のある企業です。

データ通信容量を消費しないカウントフリーを提供するのも大きな特徴です。プランは「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」の2つありプランによって対応するSNSが差があります。

プラン LINE Twitter Facebook
LINEフリープラン 音声通話/トーク/画像・動画の送受信/タイムライン 対象外 対象外
コミュニケーションフリープラン 音声通話/トーク/画像・動画の送受信/タイムライン タイムライン表示/画像付きツイート/ツイート/DM タイムライン/画像・動画投稿/コメント/お知らせ表示

LINEはほぼすべての機能がカウントフリーで利用できます。さすがLINEモバイル!音声通話に加え、ビデオ通話も対象なのが魅力的です。一方、Facebookのメッセンジャー機能はフリーカウント対象外なので注意が必要です。Facebookの音声通話、ビデオ通話は容量を消費すると思われます.

さいごにプランと料金を確認しておきましょう。

LINEフリープラン(カウントフリー対象サービス:LINE)

容量 データ データ+SMS データ+SMS+音声
1GB 500円/月 620円/月 1,200円/月

コミュニケーションフリープラン(カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook)

容量 データ データ+SMS データ+SMS+音声※
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月
  • 音声通話料金は20円/30秒。
  • 当月使いきらなかったデータ容量は翌月まで繰り越して可能。
  • 高速データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になる。ただしカウントフリー対象の項目は高速データ通信可能。
  • データ量は0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の追加購入が可能。
  • 追加購入したデータの有効期限は購入した翌月の末日まで。
  • データ量追加購入は月3回まで可能。
  • 利用開始日を含む初月の月額基本利用料は無料。(ただし、初月に解約した場合には1ヶ月分の月額基本利用料を請求)
  • 契約時に3,000円の登録事務手数料がかかる。
  • 音声通話SIMのみ期間縛りあり。利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円の解約手数料が発生。

LINEモバイルに申し込んでみた

いちばんお手軽な、「LINEフリープラン」に申し込んでみました。

手続きはとっても簡単。画面の指示に従って手続きすれば約10分で完了しちゃいます。ただし、一点注意点があります。一般的なMVNOサービスは、音声通話付きSIMの時のみ必要なところが多いですが、LINEモバイルではデータプランであっても、本人確認書類が必要になります。

SIMカードのみ、または端末も一括購入可能です。割賦販売には未対応です。

初期費用3,000円、毎月はLINEフリープラン500円+ユニバーサルサービス料3円の503円となります。(税別)

プラン変更について注意事項

LINEモバイル プラン・価格表ページの「プラン変更」には「同一サービスタイプ内での容量変更が可能です。」と説明があります。

私はこの文章を読んで、「データ」、「データ+SMS」、「データ+SMS+音声」の相互間でのプラン変更はできません。私は「LINEフリープラン」の「データ」にしたのですが、何と「コミュニケーションフリープラン」には「データ」は存在しないため私はプランの変更はできない、という事になります。

「データ+SMS」または、「データ+SMS+音声」なら、「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」も相互間に変更ができるか?未確認です。情報をお持ちの方、Twitterへ情報提供いただけるとうれしいです。LINEモバイル公式Twitterアカウントより情報提供をいただきました。

最初は安価な「LINEフリープラン」で申込み、後から「コミュニケーションフリープラン」へ変更したい方は、120円UPになりますが、「データ+SMS」(620円)に申し込むようにしましょう。(ここ重要!)【2016/09/09 6:30更新】

LINEモバイル 開封の儀

9月5日の夜にLINEモバイルを申込みをして2日後の9月7日にSIMが到着しました。なかなか速いね!ヤマト運輸さん、いつもお世話になります!!

ピリピリ〜。おや?かわいい猫が現れました。

クロネコが歩いています。かわいい〜。こういうちょっとした演出、好きです。

内容物はLINE MOBILE一式と納品書。

正方形の封筒でなかなかオシャレ。

背面はこんな感じ。

LINE MOBILE 「WHAT’S INCLUDED / SIM CARD / MANUAL」。シンプルな感じでいいですね。

同梱内容は、SIMカード1枚、マニュアル1部。以上!まぁ当然ですね。

OPEN HEARE→ とありますが、出だしが開けにくかったです。封筒に若干の改良の余地ありと感じました。

ピリピリ〜。

同梱物は、SIMカード1枚、マニュアル1部。事前宣言通りですな。

LINE MOBILE MANUAL。もちろん日本語対応、しかも内容がていねいです。

背面には困ったときに役立つ内容が記載されています。よく考えられていると関心しました。

問合せ先はLINEモバイルカスタマーセンターにフリーダイヤル(0120-142-275)が準備されています。

マニュアルの中身はいきなり見開きの写真。「CLOSING THE DISTANCE LINEモバイルは人と人、人とサービスをより身近に」今までのMVNOサービスにないスタイリッシュなイメージを受けますね。LINEはこの辺がうまいですね〜。

マニュアルの内容がていねいです。

LINEへの誘導も忘れていません。

LINEモバイル公式アカウントの宣伝も忘れていません。

最後に詰め。なかなかいいマニュアルです。

SIMが入っているパッケージもドコモのものを流用せず完全オリジナルです。

SIMカードが真っ白です。最近はMVNO用のSIMは無地になっているようです。(先日申し込んだ、0SIMは無地、IIJmioはドコモでした。切り替え中なのかな?)

背面はこんな感じです。

以上、開封の儀でした。

LINEモバイルのスピードテストをしてみた

おまちどおさまでした。LINEモバイルの通信速度テスト結果をご紹介します。

項目\アプリ RBB SPEED TEST Speedted
測定日時 2016/9/7 20:30 016/9/7 20:32
測定場所 大阪府 大阪府
PING 43 53
下り 39.24 37.28
上り 24.47 3.47

Twitterでつぶやきましたが、まだ利用者が少ないためか爆速です。日中昼間の測定はできていませんが、今のところ快適です。

LINEで年齢認証をしてみた

これまでLINEはドコモやauなどMNOが提供する年齢認証機能を利用していたため、MVNO回線では、ID検索機能など一部機能が利用できませんでした。

しかし!LINEモバイルはLINEの年齢認証が可能です。申込時に本人確認をしているんだから当然といえば当然ですが、画期的な変化です。

「LINEフリープラン」でSMSなしの「データ」プラン(月額500円)でもLINEを利用でき、年齢認証までできちゃうのはとても便利です。

IMG_2182

iPhoneのLINEアプリで実際に年齢確認をしてみましょう。「設定」→「年齢確認」を選択します。

IMG_2183

「年齢認証結果」は不明になっているのでタップ。

IMG_2184

これまではドコモ系のMVNOを利用していると、dアカウントに接続を試みていましたが「LINEモバイルをご契約の方」と選択肢が増えました。

IMG_2185

「利用コード」を入力して次へ進むをタップします。

「利用コード」はLINEモバイルの「マイページ」→「契約情報」に記載で確認できます。が、LINEモバイルのマイページにログインするとウィンドウに大きく利用コードが表示されました。

予想される質問を早々に刈り取るのもお上手です。よく考えられています。

IMG_2186

「LINEモバイル株式会社」の情報を「LINE株式会社」に通知することの確認画面です。「通知を許可する」を選択します。

IMG_2187

無事、年齢承認結果が「ID検索可」に変わりました。やった〜!!

2つ以上のアカウントで年齢確認に利用できるか試してみた

他のLINEアカウントの年齢認証は可能なのか、確認してみました。

IMG_2190

今度はAndroidアプリです。年齢確認の年齢承認結果は「未確認」となっています。

IMG_2191

「年齢確認を行いますか?」には「確認」を選択。

IMG_2192

先ほどお同じように「利用コード」を入力して「次へ進む」をタップ。

IMG_2193

残念!!「このコードは有効ではありません。再度コードを発行して下さい。」とのエラーメッセージが表示されました。やっぱり2台(2つのアカウント)のLINE IDの年齢認証には利用できないようです。

画面では「再度コードを発行して」とありますが手順が分からないため試していません。もし再度コードを発行したら認証できるのかな?(普通で考えると1台目の認証が外れるように思うのですが。)

LINEの通信が本当にカウントフリーなのか確認してみた

最後に、LINEの通信は本当にデータ残量を消費しないかビデオ通話をして確認してみました。

IMG_2188

まず実験前のLINEの容量を確認。65.0MB。

データ残量は901MB。よし、じゃあ実験開始!

IMG_2189

約5分ほどLINEでビデオ通話をしました。容量は70.7MBと約10MB増加しました。

結果はご覧の通り、1MBも消費していません!これでデータ残量を気にせずLINEを楽しめますね!!

さいごに

LINEモバイルが先行受付を開始して速効で入手しレビューを行いましたが、いかがでしたか?

私の感想は、速度は爆速ですが、まだプレ受付で利用者が少ないから速かったと思います。このままの速度が常に出てくれることを信じています!

LINEの通信がカウントフリーという点においては、LINEを多く利用する人には超オススメなSIMといえるでしょう。まだまだ目が離せない、LINEモバイル。継続してウォッチしようと思います。

LINEモバイルは、ヒトとヒト、ヒトとサービスの距離をもっと近づけるために私たちが考えた1つの答えです。価格の安さだけでなく、機能もイチオシのSIMフリースマホをご用意。
スポンサーリンク
【人柱レポ】LINEモバイルを申し込んでLINEで年齢認証をしてみたり本当に容量を消費ないか試してみたり速度を測定してみたりした
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin