【TIPS】Kindle Unlimitedの読み終わった本を確認する方法や読み放題の本だけを検索する方法

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Untitled

アマゾンは、2016年8月3日、電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」の国内提供を開始しました。料金は月額980円で、サービス登録後30日間は無料体験期間となります。

読み放題対象の書籍は和書12万冊以上、雑誌240タイトル以上、洋書120万冊以上にのぼりますKindleで購入できる日本語の電子書籍は、2016年7月末までに46.5万冊、うちコミックス16万点。Kindle Unlimitedではこのうち、小説1.6万冊、ビジネス書8000冊、実用書2万冊などを含む書籍8万冊以上、コミックス3万冊以上、雑誌240タイトルのバックナンバーを含む2000冊以上が提供されます。

私も早速使ってみましたが、Amazonは各種サービスの追加を繰り返しているため、どうしても使いにくい部分やわかりにくい部分が出てきたな、というのが最も感じた印象でした。

Kindle Unlimitedでは10冊以上はストックできず11冊目を読む場合、1冊を削除する必要がありますが、削除した本が残らない事に不便を感じていましたが、他のページにあったり。(Twitterで教えていただきました。)

今回は、Kindle Unlimitedの目的別のリンクをご紹介します。このページをブックマークしておくと便利かもしれません!

スポンサーリンク

Kindle Unlimited リンク

Kindle Unlimited 対象書籍 検索機能で探す(検索窓を利用)

Kindle Unlimited 対象書籍 オススメ&カテゴリからさがす

Kindle Unlimited 購読中/購読終了の本を確認(表示のプルダウンで「現在/利用終了済み」を選択)

ややこしかったのが、Kindle Unlimitedのページが2つあり、どちらもオススメがあったり、片方は検索機能があったもう片方は検索がないけれど、カテゴリから絞り込めたりします。1つにまとめて欲しいものです。

また、Kindle Unlimited マイブックというページがあるのですが、このページは現在利用中のコンテンツを管理するだけのもので、以前読んだことがある本を確認することができません。前に読んだことがある本をもう一度読みたい!と思った時に不便だと思っていたところ、Kindle Unlimitedで利用中のタイトルというページで確認できました。Twitterで教えていただきましたがこれまたややこしいっす。

さいごに

Kindle Unlimitedを利用して4日が経過しましたが、私は大満足です。気軽に書籍を手にして読むことができることは素晴らしいと思います。図書館で本を読む感覚に非常に近いです。すべての書籍がなく、限定されている点も似た感覚を持ちました。

980円の価格設定もとてもいいと思います。ビデオオンデマンドや音楽聴き放題サービス、そして本の読み放題サービス。すべてを利用していますが、サービス開始時は「元を取ってやろう!」とはじめはがんばっていましたが(笑)、最近は、「おもしろそうなコンテンツを気兼ねなく楽しめる」ことができるのが最大のメリットだと感じました。

コンテンツが飽和状態になっている今こそ優良なコンテンツに出会えるキッカケを「放題」という形で実現できるのかもしれません。評価が高い作品が全員にとって興味のある、意味のあるコンテンツとは限らないのですから。

そして時間は有限です。どれだけがんばっても一定以上のコンテンツを使われることはないのです。今後、「放題」のサービスはいかにコンテンツを充実させられるかが勝負になりそうです。そしてコンテンツを作成する方は、いかに目にとめてもらうか。まずは知ってもらいその後のビジネスに繋げるか?まで考えることが重要になってくると思います。

時代は変化しました。提供する側、使う側、どちらも変化についていくことが重要になってきそうです。

スポンサーリンク
【TIPS】Kindle Unlimitedの読み終わった本を確認する方法や読み放題の本だけを検索する方法
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin