【レビュー】バッテリー残量がデジタルで確認できるモバイルバッテリーがとっても便利!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

全国のモバイルバッテリーファンのみなさま、こんにちは!何台モバイルバッテリーを持っているか数え切れなくなってしまう。それがモバブ愛ですね。(意味不明!)

私もモバブが好きで安売りをしていたり大容量のものや新商品、珍しいものなどが発売されるとついつい試してみたくなります。

今回は、バッテリー残量がデジタル表示される、「1byone 6000mAhモバイルバッテリー」(1,990円)をご紹介します!!

スポンサーリンク

開封の儀

「POWER BANK」「ULTRA SLIM EXRERNAL BATTERY CHARGER」と記載されています。6000mAhの容量となっています。

箱の側面に各種認証が表示されています。

背面に詳細な仕様が英語で書かれています。LEDで残量表示の他の特徴としては、2.1Aと1.0Aの出力端子が1つずつあります。

側面には用途の例がイラストで書かれています。

それでは開封しますよ〜。

シンプルな段ボールが現れます。

箱を開けるとそこにはバッテリー本体が。シックなブラックにしてみました。

内容物はマニュアルとモバイルバッテリー、充電用microUSBケーブルとなっています。

残念ながら説明書は英語表記です。

何となくは理解できます。

ふんふん。Inputは5V 2Aとなっています。Outputは5V 1A、5V 2.1A。使用可能な温度は5〜45℃、サイズは123x66x12.5mm。重量は150gとなっています。

本体を詳しく見ていきましょう。チェック柄でかわいいですね。

液晶ディスプレイ部。カッコいいです。

上部に1by oneのロゴがあります。

側面に電源スイッチがあります。(ケーブルを挿すだけでも自動で電源が入ります。)

背面には端子類はありません。

下部に各種仕様や認証が表記されています。

下部に端子類。中央がINPUT、両サイドがOUTPUTとなっていてそれぞれが2.1A、1.0Aと固定されています。(機器による自動切り替え機能はありません。)

以上、開封の儀でした。

1byone 6000mAhモバイルバッテリーを使ってみた

ケーブルを挿すと自動的に電源が入りました。バッテリー残量がデジタル表示されるので分かりやすいですね。30秒ほどで消灯されます。

OUTPUT端子2.1AにiPad miniを接続すると、1.46Aの出力となりました。

OUTPUT端子1.0AにiPad miniを接続すると、0.95Aの出力となりました。しっかりと仕様通りの出力がされていることが分かります。

1byone 6000mAhモバイルバッテリーのここがGood!

  • バッテリー残量がデジタル表示され渡りやすい
  • デザインがかわいい
  • 1,990円と安価

モバイルバッテリーの機能としてはしっかり仕様通り発揮してくれているようです。デザインがチェックでかわいかったり、バッテリー残量がデジタル表示されたりと付帯要素にGoodな部分が多いモバブ。価格も安い部類に入ります。

1byone 6000mAhモバイルバッテリーのここがうーん

  • 2.1A出力は1ポートのみ
  • マニュアルが英語

2.1A出力が1つのみで接続された機器によって適切な電流調整などはありません。とはいえiPad miniでは1.46Aがしっかり出力されていますしそれほど心配する点ではないかも。あとマニュアルはやっぱり日本語版は欲しいですね。

さいごに

コストがあがるであろうバッテリー残量のデジタル表示をあえて搭載してきた点を高く評価したい商品。やっぱり分かりやすい。安心感があります。薄くてコンパクトな6000mAhで手軽に携帯しておきたいですね。

気になる方はぜひチェックしてください。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
【レビュー】バッテリー残量がデジタルで確認できるモバイルバッテリーがとっても便利!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin