【レビュー】スポーツをしながらに最適!生活防水のBluetoothイヤホン「QY7」を使ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC08090.JPG

iPhone 7ではついに3.5mmのイヤホンジャックが廃止されるのでは?と大胆予想がされていますが、そう言えば私も最近はほとんどBluetoothイヤホンで聴くことがほとんどです。

特に外出中やスポーツをしているときは、有線だと邪魔になるんですよね。他の音が大きい外出先では音質よりも装着時の快適さが重要となることが多いです。

そんな利用シーンでピッタリな、「SoundPEATS Bluetooth イヤホン スポーツ仕様 生活防水 QY7 (ブラック)」(2,499円)をご紹介します。安価なBluetoothイヤホンです。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC08066.JPG

最近、Bluetoothイヤホンを積極的に販売している、元気なメーカー、「SoundPEATS」さん。今回ご紹介するのは、スポーツタイプの「QY7」となります。

DSC08068.JPG

パッケージ上部。

DSC08069.JPG

パッケージ下部。内容物が書かれています。

DSC08070.JPG

背面には仕様が書かれています。充電時間は2時間、利用時間は5時間、重量は16.4gです。

DSC08072.JPG

側面に内容物のイラストが書かれています。これは分かりやすいですね。

DSC08079.JPG

ユーザーズガイドとSoundPEATSのケースが入っていました。

DSC08081.JPG

マニュアルは日本語化されているので安心です。

DSC08082.JPG

イヤーフック、イヤーキャップ、USB充電ケーブル、クリップ、結束用パーツが入っています。

DSC08083.JPG

背面ももちろん日本語です。

DSC08085.JPG

詳細な仕様はこちらで確認できます。

DSC08087.JPG

内容物はこんな感じ。替えのパーツやキャップなど充実しています。

DSC08090.JPG

イヤホン本体を詳しく見てみましょう。

DSC08092.JPG

カナル型イヤホンです。イヤホンのキャップは大きさによって取り替えができます。

DSC08094.JPG

左側のイヤホン部に充電端子があります。microUSBとなっています。

DSC08096.JPG

SoundPEATSのロゴが書かれています。特にこの部分に機能はありません。

DSC08098.JPG

内側にはボタンは特にありません。

DSC08101.JPG

右側のイヤホンのSoundPEATSのロゴは電源や初期設定ボタンとなっています。

DSC08103.JPG

見づらいですが右側イヤホンの外側に+、ーのボリュームボタンが配置されています。

以上、開封の儀でした。

SoundPEATS Bluetoothイヤホン QY7のここがGood!

  • シンプルな機能で安価
  • 生活防水

スポーツで使う上でシンプルなのはとても大切です。複雑な機能は必要ありません。室内のように静かな環境で使う事は少ないので、音質よりも価格や生活防水などの性能がとても大切になります。

その点、QY7は「スポーツ仕様」とうたっているだけありバランスがいいチューニングがされていると思います。

SoundPEATS Bluetoothイヤホン QY7のここがうーん

  • 音質はイマイチ

お世辞にもGood!とは言えない音質です。とはいえ普通に音楽を聴くにはじゅうぶん耐えうるレベルなのはあえて説明する必要はないでしょう。2,500円Bluetoothイヤホンと考えるとなっとくいく音質です。

さいごに

生活防水のためランニングで使っても小雨や汗などにも対応できると思います。また、故障した時も買い換えをためらうことが少ないお値段とも言えそうです。

どうしても汗は塩分があるため機械の天敵。故障するリスクはどうしてもあります。これはQY7に限らず全般的に言える事でしょう。スポーツで使うイヤホンは消耗品として捉えて使うのが精神衛生上もいいかもしれません。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin