【人柱レポ】Amazonプライム会員限定サービス「Amazonパントリー」で注文をしてみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Aamzonプライム会員限定サービスとして2015年9月15日にサービス開始している、「Amazonパントリー」。以前から気になっていたのですが、ようやく使ってみたので、感想をご紹介します!!

スポンサーリンク

Amazonパントリーとは何ぞや?

Amazonパントリーは、食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつからご購入いただけるサービス。Amazonプライム会員限定のサービスです。

  • 低価格の商品をひとつずつ購入できる
  • パントリーBoxは、52cm × 28cm × 36cmの容量または12kgまで
  • パントリー取扱い手数料は箱ひとつ当たり290円
  • 注文後1〜3日で到着する
Amazonパントリーは、食品・日用品など毎日使うものを必要な分だけお買い求めいただける、Amazonプライム会員向けのサービスです。低価格の商品が1個から買え、さらに1箱にまとめて受け取れます。

Amazonパントリーのサービス内容を見て感じたのは、「プライム会員向けサービスなのに有料?当日配達ではないの?」という点。普通に販売されている商品との差もよく分かりませんでした。

この点についても実際に使ってみて活用方法も分かったように思います。最後にご紹介します。

Amazonパントリーを注文してみた

Untitled

スーパーで買い物をあまりしない私。嫁と一緒にパソコンに向かい、買い物をしました。

商品ごとに記載されている、「パントリーBoxの使用率:XX%」を見ながら買い物をしていきます。大きなモノを注文するとすぐに使用率が100%に達してしまうのと普通にAmazonの商品で売っているようなモノもあるので、できるかぎり小物を購入するようにしました。

でも小物はまったくかさばらないのです。10点を超えてもまだ25%とか。結局、最後の2点はティッシュペーパーとトイレットペーパーを購入し、96%までにしました。(^o^)

肝心の価格は全体的に安いようですが、特価品より安いものもあれば高いものもあるようです。箱代が290円かかるためひとつ10円安いとしても合計金額でお得になるとは限らないようです。お店に買いに行く手間を省くというつもりで利用するのが良さそうです。

購入してみて分かった事は以下の点。

  • 大物はかさばるのでパントリーBoxの使用率を占有する
  • 大物(高額)なもものは普通にAmazonで販売されていてお急ぎ便で購入できたりする
  • 小物はなかなか使用率が上がらない
  • 高いモノも安いモノもある
  • 290円の箱代をペイできないことも
  • 買う手間を省くものという認識がいいかも
  • 購入履歴からリピート購入が簡単なので消耗品などのストック買いが便利かも

ターゲット層が働く女性や主婦向けという事もあり、値段設定もうまいですね。高いものや安いものが混在していますが290円の手数料を考えると「納得感」があります。Amazonで買い物になれた年代や層を狙ったサービスですね。

パントリーBoxが届いたので開封!

DSC06243.JPG

1月8日夜22時に注文し、1月10日12時ころに到着しました。52cm × 28cm × 36cmの箱はなかなかの大きさです。小物を18点購入してもぜんぜん使用率が上がらなかったのも納得です。

DSC06244.JPG

通常のAmazonの箱と違い、開けにくかったです。破損防止のためしっかりテープが貼られていたため、手では開けられずはさみが必要でした。この点は改善していただきたいです。

DSC06245.JPG

箱を開けると緩衝材が入っていました。

DSC06246.JPG

緩衝材を取り除くとクリアクリーンが! 使用率96%でしたがまだ余裕があります。商品の形もさまざまのため、商品に記載の「使用率」は余裕を持たせているようです。

DSC06248.JPG

日用品がさらに包装紙に包まれているではありませんか!!

DSC06250.JPG

こんなにていねいに包装紙で包む必要があるのか、ちょっと疑問。

DSC06253.JPG

包装紙をすべて取り除きました。小物18点、大物2点。商品は4,856円、パントリー取扱手数料290円の5,146円でした。嫁曰く、スーパーで買うよりも安くついたとのことです。

大物を購入しなければ30点は購入できたと思いますが金額がどんどん上がるので今回はこの辺で許しといてあげました!(^_^;)

DSC06255.JPG

重量は12キロまでと制限がありますが、段ボールの底が強化されていました。ちゃんと配慮されています。

DSC06256.JPG

緩衝材3つ、包装紙10枚でもったいないなと感じました。ゴミで出すのではなくリサイクルに回したいと思います。

20個の商品に対しこれだけの包装は過剰では?と思ったのですが、もう一度、商品を箱に詰めてみて分かったのですが、ガサガサでうまく入らず、結局はじめに入っていたよりもかさばってしまいました。

いろんな形の商品があるため包装紙で揃えることで梱包の効率と破損の防止の両方の役割があるのだと思います。

Amazonパントリーを使ってみた感想まとめ

買い物って意外と時間がかかるんですよね。商品の特売日に合わせ商品を選ぶ手間も大変だったりします。いかに安く買うか?が主婦の腕の見せ所のようなところもありますが、買うその作業自体もコストがかかっているという考え方もあるかも?

日用品や食料品で「定期的に買うもの」って意外と多いと思いませんか?

歯磨き粉に洗剤、醤油に砂糖……。特価日に合わせ買うのも大切ですが、そこそこ安い商品をあらかじめ見つけておいて、それらはAmazonパントリーでポチッと購入して290円で届けてもらう方が楽ちんですし、他の特価商品を探すために注力できると思います。

我が家では今回購入した日用品の消耗品を中心に少しずつ、いつも買っている定期的に買うものを追加しつつ、お得に便利にストック品を注文しようと思います。

最後に、今回購入した商品をご紹介します! 嫁によると普段スーパーで購入している価格とほぼ同じか少し安いものをチョイスしたようです。ちなみに消費税込みなのでスーパーより少し高く感じることがあるようです。

(クリアクリーンとエッセンシャルシャンプーとフィニッシュとうす手とビオレは2つずつ購入しました。)

スポンサーリンク
【人柱レポ】Amazonプライム会員限定サービス「Amazonパントリー」で注文をしてみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin