【レビュー】手首式血圧計「オムロン HEM-6310F」は手軽に測定ができ、安定した測定結果が出るよ!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC06153.JPG

健康チェックのため毎日の血圧チェックはとても効果的です。「オムロン 手首式血圧計 HEM-6310F」(6,190円)を母へプレゼントしましたので、今回は使ってみた感想をご紹介したいと思います。

プレゼントした商品のため写真が少なめですがご了承ください。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC06136.JPG

信頼のオムロン製、HEM-6310F。測定方式は「手首式」の血圧計です。一般的に上腕式血圧計の方が正確に測定できると言われていますが、高めや低めに結果が出ることよりも安定した測定結果が出る方が重要と考えます。測る度に結果が変わると、どの数値を信じればいいかわかりら無くなりますもんね。毎日測定することで傾向が掴め、異常値をすぐに発見できることがもっとも重要だと思います。

DSC06138.JPG

2012年7月現在、世界最軽量、たった80g(電池含まず)しかありません。測定姿勢ガイドやカフ(取り付けベルト)ピッタリ巻きチェックなど測定状態に関するチェック機能も充実しています。記録期間は2人、90日までとなっています。

DSC06139.JPG

オムロンの健康サービス「WellnesLINK」に対応しています。NFC対応のスマホがあればアプリ経由でサイトにデータを簡単アップロードができます。また、ウェルネスリンクはサービス拡充のため、2013年4月よりWM(わたしムーヴ)に会員統合されています。

DSC06140.JPG

背面に主な仕様が書かれています。測定精度は±3mmHg以内、脈拍数は5%以内。電池寿命は約300回となっています。血圧値トレンド表示は大きな変化を視覚的に気づけます。測定姿勢ガイドは心臓と同じ高さにする必要がありますが、高すぎたり低すぎないように画面で適正位置を教えてくれます。これはひじょうに便利。

DSC06143.JPG

内容物は本体の他、各種マニュアルとなっています。

DSC06146.JPG

血圧計はケースに入っているため収納が楽ちん、持ち運びも楽ちんです。

DSC06148.JPG

パカッと開けるとぴったりのサイズで血圧計が入っています。

DSC06150.JPG

保管ケースの底に測定方法が書かれているのでとても分かりやすいです。ここには記載されていませんが、手のひらと腕の分かれ目から1cm〜1.5cmのところから取り付けます。計測中は手のひらをを強く握ったり、上や下に曲げてはいけません。

DSC06152.JPG

本体は約80gと本当に軽くて小さいです。操作ボタンも2つしかなく通常は「測定/停止」ボタンしか使わないため操作はとても簡単です。

DSC06154.JPG

ふたりまで京速結果を残せますが、どちらで計測するか物理スイッチで切り替えて指定します。分かりやすいです。

カフ(ベルト)は柔らかくて手首への取り付けも簡単です。マジックテープ適正な場所にあり手の細い女性から一般男性まで問題なく測定できます。側面に電池ボックスとNFC用受診部があります。

オムロン HEM-6310FのここがGood!

  • 軽量、コンパクト、音が静か
  • 姿勢チェックなどがあり正しく測定できる
  • WellnesLINK対応でデータが無期限で残る
  • FMC対応

もっとも心配していた測定の精度ですが家族3人(大人)で測定しましたが病院で測定する値とほぼ同じ値が出ました。短い時間内で何度か測定しましたが安定した測定結果が出ていそうなので一安心。手首式血圧計でも正しい姿勢、取り付け方法で測定すれば問題なさそうです。

HEM-6310Fは8.9×1.3×6.1cm、約80g(電池含まず)と小さくて軽いです。測定時の姿勢やカフの巻き具合のチェックもしてれるのはありがたいです。

WelnessLINK対応でWM(わたしムーヴ)に測定データが無期限でデータが残ります。WMへのデータ転送もスマホアプリ経由で楽ちん。FMC対応のスマホに血圧計を近づけるだけでOK。無線で約1分で完了です。予想していたよりぜんぜん面倒でありません。

オムロン HEM-6310Fのここがうーん

  • 価格が高い
  • FMC非搭載スマホではデータ連係不可
  • PC経由で連携するには別売USBドッグが必要

実売価格は6,000円前後と血圧計としては中間的な価格帯の商品ですが3,000円〜5,000円だとGoodだと思いました。

測定機能は特に不満はないのですが、WelnessLINK対応のWMを利用する場合、FMC対応のスマホを持っていない場合、途端にハードルが上がります。スマホでの連携はできず、PC経由となり、別売の「オムロン USB通信トレイ HHX-IT3」(5,580円)が必要になります。異常に高すぎませんか〜?中古だと1000円台で購入できるようなので、どうしても使いたい方は中古品を狙う方がいいかもしれません。

さいごに

毎日、血圧を測定する習慣がない私でしたが調べてみると測定方法が上腕式と手首式があることを学び、上腕式の方が精度が高いけれども場所を取るためコンパクトな手首式を選択しました。

上腕式は机などに常時設置しておくためいつでも毎日測定するのを忘れにくいというメリットがありますが邪魔になるし持ち運びができないデメリットもあります。HEM-6310Fを実際に使って買って良かったです。気になる方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin