【レビュー】話題の500MBまで無料のSIM、0SIM by so-netを使ってみたぞ! byデジモノステーション

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC06031.JPG

500MBまで0円とネットで話題になっている、12月25日発売の「デジモノステーション 2016年02月号」(定価620円)が届きましたので、早速、使ってみたのでレポートします!

先日、当ブログでもご紹介しましたが、話題沸騰ですでにAmazonや他のネットショップでは売り切れが続出してる状況です。以下にAmazonのリンクを貼っていますが、定価は620円です。値段をつり上げている業者さんから購入するのは控えるようにしましょう!あ、あと、まさか無いとは思いますが、kindle版にはSIMは付属しませんのでご注意くださいね。(^_^;)

まだ一部コンビニでは在庫があるところもあるようです。気になる方は何件かまわってみてはいかがでしょうか。

SIMフリー端末が余っている方や通信量が少ない方必見! 500MBまで無料のSIMが特別付録の「デジモノステーション 2016年02月号...
スポンサーリンク

0SIM by So-net とは?

  • 形状:nanoSIM 規格:0SIM by So-net 種類:データ通信専用
  • データ量と料金(2段階定額)
  • 契約事務手数料無料(一般的には3,000円が無料に)
  • 0MB~499MB:0円400MBに達した時点でメールでお知らせ
  • 500MB ~ 2047MB:100円~1500円(100円単位であがる)
  • 2048MB ~:1600円
  • 速度制限:5GB、以降は200kbpsに制限 /NTTドコモ 4G LTE(下り最大225Mbps)
  • 開通期限:2016年2月24日
  • 3カ月間連続でデータ通信のご利用がない場合は自動解約(SIM返却必要、未返却、破損時3,000円請求の可能性あり)
  • ユニバーサルサービス料2円は月額利用料に含まれる(月額利用料が0円に収まったら請求額は0円なのかは不明)

利用期限の縛りは特に記載はありませんでしたが、契約後3ヶ月利用がない場合、自動解約となるため縛りはないと思われます。

SIMサイズはnanoSIMなのでminiSIMや標準SIMサイズの端末で利用する場合、アダプターを別途用意する必要があります。

データ通信専用SIMのためSMS、通話はできません。機種によっては電波表示が圏外となり電波を頻繁に探してしまいバッテリー消費があがる、いわゆる「アンテナピクト問題」が発生する場合かあるためこの点は注意が必要です。

500MB以降、100MBごとに100円を課金され、2GBで1,500円に達します。2GBを超えると1,600円で固定されるため安心です。ただし5GBを超えると200kbpsに速度制限されます。

100MB500円、500MB2,100円、1GB3,800円と任意でチャージもできますが、値段設定がおかしくないっすか?So-netさん。この価格ではチャージする人はいないでしょうね。

最近のMVNO業者は「節約モード」を任意にON/OFFでるところがありますが、0SIM by so-netでは任意で制限することはできません。So-netにしたら500MB以上使ってもらわないと意味が無いので当然と言えば当然ですが……。

開封の儀&申し込んでみた

DSC06032.JPG

売り切れ続出中の中、2冊も購入してしまいました。私の予備SIMフリー機用とほぼ外出しない家族の端末用に購入しました。私の用途では500MBで収まるだろうと予想しています。

DSC06033.JPG

表紙を開くと「特別付録」が入っています。

DSC06035.JPG

So-net × デジモノステーションのスペシャルコラボです。非売品となっています。

DSC06036.JPG

パッケージ内にはSIMカードの他、重要説明事項が入っていました。SIMカードはnanoSIMです。

それでは早速申し込みを開始しましょう。以下のサイトからアクティベーションを行います。

SIMカードの裏に記載されている、電話番号とパスワードを入力して進めます。この電話番号とパスワードはマイページへのログインでも利用するのでメモしておくなど忘れないようにしましょう。

プラン名、月額基本料金、プラン説明が記載されています。固定で変更や選択はできません。0円〜1,600円とかかれているため安心ですね。

以下に申込み者情報を入力していきましょう。

支払い方法はクレジットカード限定となっています。

申し込み内容を確認して「確認完了」をクリックすれば契約完了です。

わずか5分ほど。超簡単です。

すぐにメールで申し込み情報が届きました。

ユーザーページはSo-netのページからではなく専用ページからアクセスします。これが分からず少し悩んじゃいました。ログインはSIMカードの裏に書かれていた電話番号とパスワードを使うため申し込み完了後に捨てないように注意しましょう。

これが0SIM by So-netのマイページ画面です。シンプルですが簡潔で分かりやすいです。クレジットカードの変更、ユーザー情報の変更(誕生日は変更不可)、利用状況の確認、解約手続きができます。

Untitled

利用状況の確認は今月の使用量、直近3日間の使用量が表示されます。本日と今月のデータは速報値となっています。開通後30分以上経過しましたが速報値はまだ表示されていませんでした。

また高速、低速の速度切り替えや節約モードなどは存在しません。どんどん使ってね!という事のようです。(^_^;)

解約の手続き画面です。オンラインで手続き可能です。日割りはなく月末締め解約となります。

MVNO業者の中には申し込みは簡単だけれども解約は郵送で。という面倒な手続きをさせるところもありますが、さすがSo-netさんです。

0SIM by So-netを端末に設定してみた

iPhoneではプロファイルのインストール、Android端末ではAPN設定が必要となります。ここでは詳細説明は割愛します。

以下のサイトで動画付きでていねいに説明されているため初心者にも分かりやすいですね。

nuroモバイルのスマートフォンの SIM カード挿入・接続設定方法のご案内ページです。

でもなぜか画面にiPhoneのプロファイルの場所やAPN設定の記載がないため以下に書いておきます。中級者以上には不便だな、と感ました。

  • iPhoneプロファイル置き場 → https://www.so-net.ne.jp/retail/i/
  • Android用APN設定
    • ネットワーク名:so-net
    • APN:so-net.jp
    • ユーザー名:nuro
    • パスワード:nuro
    • 認証方式:PAPまたはCHAP

0SIM by So-netで速度測定してみた

IMG_0519

iPhone 6sで速度測定した結果は上の通り。2015年12月26日9時大阪府内とある郊外での測定結果となります。一番下がアンテナピクトがひとつの状態で、その他3回が3個でした。

下り20Mbps前後、上り5Mbps前後という結果でした。MVNOとしては良好な結果と言えるのではないでしょうか?

0SIM by So-netのここがGood!

  • 500MBまで月額無料、5GBまででも1,600円
  • 初期事務手数料が無料
  • 解約手続きがオンラインで可能

実質、デジモノステーションの雑誌の価格、620円(税込)だけで毎月無料のSIMカードが手に入るのは衝撃的です。利用頻度の低い端末で維持費を極限まで抑えたい人にはもってこいのSIMカードだと思います。

0SIM by So-netのここがうーん

  • データ専用コースのみ、SMS、通話コースなし
  • 3ヶ月利用がないと自動解約となる
  • SIMカード返却が必要、未返却だと3,000円が発生
  • 「速度制限」モードがない
  • 5GB以上のチャージ金額が高すぎる

アンテナピクト問題が発生する可能性がありますが解約はすぐにできるため大きな問題ではないかもしれません。うーんな点というより注意点といったところでしょうか。一応、すべてなっとくと理解をした上で、申し込みをするようにしたいですね。

さいごに

契約も解約手続きもオンラインででき、初期費用も月額費用も無料と、かつてここまでお手軽なSIMカードはあったでしょうか? 500MBまでならずーーーーっと無料というのも太っ腹すぎます。(ユニバーサルサービス料については基本料に含まれるとありますが、500MB以内だった場合、2円請求されるのか?それとも0円なのか?次月、確認したいと思います。)

今回の企画はSo-netに取っても試験的な意味合いも強いと思います。申込時にクレジットカード情報を入力する必要がある時点で利用者の担保は取れます。音声通話はない、SMSもないとサービス内容を絞ることで極限まで価格を抑えたことも評価したいです。MVNOへのハードルを押し下げ、より利用者が増え活性化することを期待します。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin