【レビュー】Inateckの尖ったデザインのBluetoothスピーカー「MarsBox(BP2002)」を使ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC05678.JPG

デザインが特徴的で他人とちょっと違うものが欲しいという方にオススメの「Inateck ポータブルBluetoothスピーカー」(5,499円)を今回はご紹介します。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC05679.JPG

InateckさんのMarsBox、BP2002という商品です。Bluetooth、FM Radioと記載されています。

DSC05680.JPG

背面に商品の紹介とスペックが英語で記載されています。

DSC05683.JPG

パッケージ上から見たところ。商品の上から撮影した写真です。分かりやすくて面白いですね。

DSC05684.JPG

横には内容物が英語で書かれています。

DSC05686.JPG

反対側には横から撮影された写真。

DSC05691.JPG

それでは開けてみましょう。

DSC05692.JPG

黒い箱が出てきました。

DSC05693.JPG

開けるとマニュアル関係が。

DSC05694.JPG

その下に本体類が入っていました。

DSC05695.JPG

内容物は、BP2002本体、注意書きの用紙、マニュアル、充電USBケーブル、AUXオーディオケーブル、以上です。

DSC05697.JPG

注意書きには、「本製品のFMラジオ機能は日本の地域では使用できない場合があります。」と記載があります。結論を先に書くと現在の周波数が分かりにくく、大阪では受信を確認することはできませんでした。(もっと根気よくチャンネルを合わせると聞けるのかもしれませんが、NGと思っておいた方がいいかも。)

DSC05698.JPG

操作マニュアルです。

DSC05699.JPG

各言語で記載されており、日本語表記もあります。

DSC05704.JPG

BP2002本体と各ケーブルです。真っ赤でカッコいい!!

DSC05706.JPG

まずはBP2002から詳しく見てみましょう。真っ赤なスピーカ部から右上にずれた黒の部分が特徴的です。物理的にズレているところがユニーク。

DSC05709.JPG

真横から見たところ。ここでもズレています。どこかで見たことがあると思ったらひな祭りのひし餅みたいだ!

DSC05710.JPG

斜めからみると特徴的なデザインがよく分かりますね。こんなデザイン、見たこと無い!

DSC05712.JPG

角をアップで見てみましょう。

DSC05715.JPG

反対側は逆に赤が出っ張っています。

DSC05716.JPG

外出先で利用すると目立ちそう。

DSC05718.JPG

底から。足の部分が滑り止めの素材となっています。

DSC05719.JPG

斜めから見たところ。

DSC05720.JPG

真後ろから見たところ。電源スイッチ、リセットボタン、microUSB充電端子、AUX外部入力端子があります。

DSC05722.JPG

真上からみたところ。大きなボタンが配置されています。多機能ボタン、ボリュームボタン2つ、マイク、再生・一時停止ボタンとなっています。

DSC05725.JPG

最後にいろんな角度から眺めてみましょう。

DSC05726.JPG

斜め上から。

DSC05727.JPG

斜め後ろから。

DSC05728.JPG

上から。

DSC05729.JPG

ボタンのアップ。

DSC05732.JPG

充電ケーブルも真っ赤でカッコいいです。素材はいわゆるコタツのケーブルのようです。端子部にも「Inateck」のロゴがあるこだわり。

DSC05734.JPG

オーディオケーブルも真っ赤。このこだわりがいいですね。

DSC05742.JPG

充電を開始すると赤く光ります。

DSC05744.JPG

電源を入れると前面のスピーカ上部の一部がブルーに光ります。

以上、開封の儀でした。

MarsBox (BP2002)を使ってみた

5,000円台でここまでデザインにこだわった商品は少ないです。黒ベースの部屋にバッチリあいそうな商品です。肝心の音質ですが、今回のBP2002は改良版で低音の音が改善されているようで、確かにいい音が出ています。全体的にまとまっています。

また、大きな音量でもパワー不足を感じることはなく、屋外利用でも数m範囲での利用は問題なさそうです。もう少し高音にクリアさが欲しいと感じる部分もありましたが、5,000円台でこの音質なら満足感が高いでしょう。

バッテリー駆動時間も長く、10〜15時間も利用可能ということです。その他仕様は以下の通りです。

  • Bluetooth バージョン: Bluetooth 4.0
  • バッテリー容量:2200mAH ×2
  • 最大出力:10W
  • 実効性能:2×5Watts
  • 商品寸法:185mm×61.5mm×77mm
  • 商品重量:710g

MarsBox (BP2002)のここがGood!

  • ブラックとレッドの突き抜けたデザイン
  • 5,000円台の安価
  • 長時間再生が可能

何といっても突き抜けたユニークなデザインがもっともGoodな点でしょう。5,000円台の価格帯も安価で音質も満足できるものに仕上がっていると思います。また、長時間再生が可能な点も屋外利用を想定している人にはありがたい点でしょう。

MarsBox (BP2002)のここがうーん

  • 高音域にもう一息、クリアさがない

機能的に基本的な機能は満たしています。うーんな点をひとつだけあげるとすれば音質にクリアさがもう一息欲しかったです。特に高音域。全体的にまとまっているのですが次期製品にはぜひ期待したい点です。

さいごに

余談ですがこの商品、実は、Amazonで購入したのですが、なかなか届かず問合せをすると、何とAmazonさんの仕分けミスで一度沖縄まで配達されてしまったそうです。その後もなかなか届かなかったためAmazonさんに相談したところ、一度キャンセルをして再注文をしました。

しかし前の商品は配達中止で回収をAmazonではできないためもし届いたら配達員さんに「受け取り拒否」をして返品してください、との事でした。毎日のようにAmazonから荷物が届く我が家で、玄関口で配達番号を確認するのはなかなか大変でしたが、何とか返品分も到着して一安心。珍しい体験をしました。

さて今回ご紹介したBluetoothスピーカー、MarsBox (BP2002)ですがこのデザインにビビッと来た人はぜひチェックしてみてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
【レビュー】Inateckの尖ったデザインのBluetoothスピーカー「MarsBox(BP2002)」を使ってみた
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin