【悲報】「.コム」が誕生!紛らわしいドメインに需要はあるのか?

スポンサーリンク

Untitled

日本語版「.com」ドメイン「.コム」誕生!とお名前.comでアナウンスされています。現在、先行登録受付中で、一般登録は2016年5月9日開始予定となっています。

「.コム」世界初のカタカナ新ドメイン | ドメイン取るならお名前.com
世界初のカタカナ新ドメイン「.コム」は「.com」の日本語版です。そのため、一目で”日本”に関するサイトであることがわかります。また、カタカナドメインのため、検索結果上で目立ちますし、URLが覚えやすいというメリットがあります。

Untitled

はじめに「.コム」が始まるとことを知った時は、何かの冗談かと思ってしまいました。ただでさえややこしい日本語ドメインですが、今度はトップレベルドメインにも日本語、カタカナが採用されるとは……。もう何でもアリになってしまいますね。

そもそも日本語ドメインの需要ってあるのでしょうか? 懐疑的になってしまいます。たまに見かけますが、浸透しているとはとても言えないと思います。

私は、「hitoxu.com」と「ひとぅ.com」を所有していますが、次は、「hitoxu.コム」と「ひとぅ.コム」を取得することになるのでしょうか? たぶん取得しません。(^_^;) 希少なドメインやお気に入りの「.com」ドメインを持っている人は、悪用防止やこだわりで「.コム」も取得する人もいるかもしれませんが、これってレジストラの思惑にはまっているような気がしてならないですね。

ここ数年で一気に増えてしまった、トップレベルドメイン。今回の「.コム」は新gTLDの自由化の影響の一貫ではありませんが、今後さらにドメインが増える予定です。いろいろな、意見や問題が指摘されています。

新gTLDについて | 株式会社マークアイ
新gTLDによって何が変わるのか。インターネットの世界における新gTLDのインパクトと、大量のドメインが登場することよって発生する商標権侵害などの問題、企業に必要な対応のポイントを解説します。

新gTLDの申請があったドメインの一覧と審査状況を以下で確認ができます。日本企業もたくさん申請していることが分かります。興味のある方はどうぞ。

New gTLD Current Application Status
インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ