【レビュー】裸族だった私がずっと愛用している「Palmo」!今度は暗闇で発光する「Palmo GiD」&「Palmo (Black)」を使ってみた!

スポンサーリンク

DSC05492.JPG

いろんなところでiPhoneは裸族と公言している私。11月にPalmoと出会い、それ以降一ヶ月以上愛用しています。デザイン、使いやすさ、機能性、そして価格において他のiPhoneケースと一線を画していると思います。

11月にPalmoをご紹介した記事は以下。Palmoの素晴らしさをご紹介しているので、Palmoをご存知ない方はまずはこちらからどうぞ。

【レビュー】iPhone 6シリーズの落下防止&角傷防止を考え抜かれた「Palmo」は裸族の私をうならせた!
私はスマートフォン、タブレットをケースに付けずにそのまま使います。いわゆる「裸族」です。ガラス面のみガラス保護シートを貼るのですが、得にiPhoneの場合はデザイン重視なためわざわざ隠すケースなんてとんでもない!と考るのです。しかし...

今回はPalmoの中でも異色の「Palmo GiD(Glow in the Dark)」(2,808円)をご紹介します。暗闇で発光する特殊素材でできているんです。

また、色違いで気分転換にもなる「Palmo (Black)」(2,268円)も使ってみました。

スポンサーリンク

Palmo GiD & Palmo (Black)を使ってみた

左からノーマルPalmo(ブラック)、そしてPalmo GiDです。何とペンライト付属です。(通常は使わないけど)

iPhone 6にPalmo、iPhone 6sにPalmo GiDを付けてみました。iPhoneのホワイトにブラックは浮くかな?と思いましたが締まりが出ていいかも。GiDは蛍光タイプのシリコンのためホワイトより若干透明感があるため、よりiPhoneの白い本体に馴染んで見えます。

反対側。ブラックとゴールドの組合せもなかなかカッコいいです。ローズゴールドとGiDもオシャレ。

Palmo(ブラック)の使い心地

まずはノーマルPalmo(ブラック)の使い心地から見ていきましょう。以前ご紹介したホワイトと形状は変わりません。スピーカー、マイク、イヤホンジャック、Lightningケーブル部などしっかりと確保されています。

グリップ感もほぼ同じです。iPhone 6、6sは本体が滑りやすいですが改善されます。

iPhoneの角をしっかりガードしてくれます。

カメラ部の周り、Appleロゴもしっかり穴が開いているデザインです。

指を挟んで操作する感じもまったく問題なし。ホワイトの時もはじめは、キツいかな?と思いましたが、すぐに馴染みました。逆に伸びてしまい緩くなることもないので安心できます。

指一本でiPhoneを落下から防ぎます。

バンカーリングより指の負担も少ないと感じています。

うん、さすがPalmo。いい感じです。

Palmo GiDの使い心地

Palmo GiDも形状、素材は同じです。シリコン素材でiPhoneを傷や衝撃からを守ります。さわり心地は若干、標準のPalmoよりさらさら感がないように感じましたが大きな差はありません。

このグリップ感とホールド感はPalmoの最大の魅力ですね。

Palmo GiDは遊び心が溢れています。こうして光を当てると……。

蓄光して発光するのです。

暗闇でみると輝くiPhoneケースに注目度もUPですね。おもしろいな〜。

さいごに

今回は、ここがGood!、ここがうーんは割愛します。前回ご紹介したPalmoと同じ商品で色違いのブラック、GiDでも感想は変わらなかったためです。

いろんな色のPalmoを使ってみて感じたのは、その日の気分に合わせてPalmoを着せ替えるのもアリだということ。Palmo GiDは自分で発光しちゃうのですから楽しいですよね〜!!

使い勝手や機能性では評判がとても高いPalmo。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

Palmo GiD Palmo (パルモ)「片手でラクラク いつも安定、安全、安心」

[レビュー商品提供記事]

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ